最強の端末環境を整えるべく、 #mlterm にマウススクロール機能を足すパッチを書いた

というお話。


最近、僕は コミュニティ系 Web サービスの開発 、 という目標を諦めた関係で、割とこう、日常的に開発したいネタが尽きてしまい、手持ち無沙汰になったため、

んー、 開発環境再開発 でもするか

という感じで、最強な端末環境作るべく、色々作業をしていました。それで、 OSX のターミナルエミュレーターの再選定とかしていて、

Terminal.app は Sixel とか表示できないし、かといって iTerm2 は設定する所が結構複雑だし、もっとこう、シンプルでいて、かつ痒いところに手が届きやすいターミナルエミュレーターは無いものか。

と思っていたところ、

そう言えば、前に Macbook Air mid 2011 に Archlinux を突っ込んでいた時、 mlterm 使ってたよなー

と思い出したため、

を OSX で使えないか、と調べたところ、なんと OSX の Cocoa 向けなビルドが可能じゃないですかーやだー、と判ったため、 mlterm を使ってみるべく、自前でコンパイルとかしていました。

が、しかし。

実際に mlterm を OSX の Cocoa 向けのビルドを行って判った事なんですが、なんか、マウス (正確にはトラックパッド) でのスクロールが出来ない、なんでや!という感じで、一時は mlterm 使うのは諦めるかなーどうしようかなーと考えてたんですが、

とか見てて、色々調べた結果、

あれ、これ、もしかして、マウススクロール機能、自分でも実装出来るんじゃね?

と思いに至り。

自分で実装しますた!!1


というのが長い前フリなんですが、出来上がったパッチは下記になります。

$NetBSD$

--- xwindow/quartz/cocoa.m.orig	2016-05-08 06:47:04.000000000 +0000
+++ xwindow/quartz/cocoa.m
@@ -954,6 +954,47 @@ get_current_window(
x_window_receive_event( xwindow , (XEvent*)&mev) ;
}
 
+- (void)scrollWheel:(NSEvent *)event
+{
+	NSPoint loc =  event locationInWindow  ;
+	XButtonEvent bevPress;
+	XButtonEvent bevRelease;
+
+	bevPress.type   = X_BUTTON_PRESS ;
+	bevRelease.type = X_BUTTON_RELEASE ;
+
+	bevPress.time   = event.timestamp * 1000;
+	bevRelease.time = (event.timestamp * 1000) + 1;
+
+	bevPress.x    = loc.x - self.frame.origin.x;
+	bevRelease.x  = loc.x - self.frame.origin.x;
+
+	bevPress.y    = ACTUAL_HEIGHT(xwindow->parent) - loc.y - /* self.frame.origin.y - */ 1 ;
+	bevRelease.y  = ACTUAL_HEIGHT(xwindow->parent) - loc.y - /* self.frame.origin.y - */ 1 ;
+
+	bevPress.state    = event.modifierFlags &
+	    (NSShiftKeyMask|NSControlKeyMask|NSAlternateKeyMask) ;
+	bevRelease.state  = event.modifierFlags &
+	    (NSShiftKeyMask|NSControlKeyMask|NSAlternateKeyMask) ;
+
+	bevPress.click_count = 1;
+
+	if ( event.deltaY > 1 ) {
+		bevPress.button = 4;
+		bevRelease.button = 4;
+	}
+
+	if ( event.deltaY < -1 ) {
+		bevPress.button = 5;
+		bevRelease.button = 5;
+	}
+
+	if ( event.deltaY < -1 || event.deltaY > 1 ) {
+		x_window_receive_event( xwindow , (XEvent*)&bevPress );
+		x_window_receive_event( xwindow , (XEvent*)&bevRelease );
+	}
+}
+
- (void)keyDown:(NSEvent *)event
{
if(  event type  == NSFlagsChanged)

また、このパッチのファイルは

でもアクセス出来ます。

なお、このパッチの注意点は幾つか注意点があり、まず第一に、僕が pkgsrc + pkgin を使っている関係で、それらを利用して作ったパッチなため、 Homebrew とかでも取り込めるかどうかが良く判っていません。

また、このパッチではスクロールイベントの移動幅 (?) を取るために使っているプロパティが最新の OSX (正確には Lion 以降) では deprecated で、代りに新しい API を使った方が良いのですが、 mlterm の Cocoa 向け GUI が、どの バージョンの OSX までサポートするのかが良く判らなかったため、古い OSX でも動くように、 deprecated な プロパティをそのまま使っています。

そのため、きちんと丁寧にこの辺りを実装したパッチを作成するのならば、その辺り、 OSX のバージョンを見て、処理を分岐させた方が良い、と言えるかと思います。

あと、その他にも定数使った方が良いだとか、あるいは、Lion 以降のナチュラルスクロールへ対応とか、それと、そもそもこの実装、結構イベント発生させる辺りが強引じゃね? とかそういう問題も有るため、

これをそのまま本家にパッチとして投げるのはちょっとなー

と思っている関係で、本家というか開発者の方にパッチを投げるとか、そういうのは今のところ僕の方では考えていません。

ただ、このパッチが有ることによって、

mlterm の Cocoa 向けビルドへマウススクロールを実装する

という事への叩き台にはなるかなぁと思うし、あと、もし実装への叩き台にするのであれば、 Objective-C とかサッパリな自分が権利持ってても仕方がないし、と考えているので、このパッチについては、

という扱いでお願いします。

という事で以上です。

まあ、

最強の端末環境

は、まだ出来上ってなかったりしますが、とりあえず、その過程で出来た成果物を公開した、というお話しでした。という事で以上です。終わります。はい。

nyarlaが大体

Scrapbox.io でコメントや意見を書く