この WebSite を AWS Cloudfront + S3 から h2o on Vultr に移した

という話。

なぜ移したか

まぁ最近 AWS の利用コストが上がってきていた と言うのが理由として大きい面は有るものの、 自分の開発ファイルを NTFS 上に置いている関係なのか、AWS S3 への Deploy が遅くて結構ストレスになってたので、 もう少し高速に Deploy 出来るようにするため、この WebSite の Hositng 先を、

の一番安いプランに移しました。

それでサーバサイドの構成としては、

  • OS には NixOS を用いて nixpkgsmaster を利用
  • HTTP Server には安定の h2o
  • https 化には Let's Encrypt の Certificate を acme.sh 経由で取得

と言う感じで構成していて、この Web サイトの Deploy はローカルの手元で更新した静的ファイルを、 rsync 経由でサーバへ同期する様にしています。

移してみてどうだったか

まぁ前々から NixOS は nixos-rebuild する際にマシンリソースが要求される(場合もある)ことが分かってたんで、 今回は VultrHigh Frequency Compute のインスタンスを使ったんですが、 このインスタンスが割と速く、また Deployment が高速化されたんで、結構良い感じに使えています。

ただ昨日の夜の9時頃には、なんか CPU 使ってないのに通信が引っ掛る事が有ったんで、 その辺り、

同居している他のインスタンスがなんか Batch でも動かしてたんかいな?

という感じは有ったんですが、それ以外は普通に動いています。

ただし、自分の設定などのミスで昨日の(たぶん)夜中の3時ぐらいから h2o のプロセスが落ちてたんで、 その辺りやっちまった感はあるんですが、その辺りは今日の朝修正しました。なので正直スマンかった。

以上

あとはやりたい事として、

AWS Lambda 辺りを使って簡易的な落ちてないかの外形監視

ぐらいは出来たらなーとは思ってます。が、ここ所メンタルが不安定気味なんで、 いつ作業できるかどうかがちょっと怪しい感じですが。

それと、今回のサーバ切り替えの関係でアクセス解析環境が強制的に見直しになった(前は Cloudfront のログを使ってた)んで、 今はアクセス解析してない感じなんですが、これもまた近日中になんとか対処したいなーと考えています。 とは言え要件としては全体のアクセス数が把握できれば良い、ぐらいのゆるふわな感じなんですけどね。


というコトで今回の話は以上です。はい。

nyarlaが大体

Scrapbox.io でコメントや意見を書く