カラクリスタ・ブログ

『輝かしい青春』なんて失かった人のブログ。
色々混ざってます

高度なAI人材を育てる前に、警察と司法のIT人材を育てて欲しい件

Government Society Thinking

主に、

AI時代へ向けて育成すべきはAI人材か?

今年3月に政府のAI戦略が年間25万人を目標にAI人材を育てるとぶち上げたのに続いて、 教育再生会議が全ての大学生がAIなどの基礎的な素養を...

https://note.mu/masanork/n/n83f98245712e

を読んで思った感想みたいなモノです。

なんで警察と司法の IT 人材を育てて欲しいか

この辺り、そう思う原因としては件の JavaScript での無限ループ摘発事件が発端 なんですが、 司法や警察の人材が IT に疎かったり、あるいはあまりに IT 音痴だったりすると、 せっかく民間で 高度な IT 人材(AI 関連も含む)を育ててた としても、 全部デタラメな理由で逮捕されて刑務所行きになったりして無駄になるから です。

と言うか、 ついウッカリ悪用も可能な高度な技術を開発してしまっただけで逮捕された 、とか、 あるいは セキュリティの講習をしただけなのに逮捕された と言った様なことを乱発されてしまえば、 高度な開発が出来る人材や、あるいはセキュリティに詳しい人材なんてみんな居なくなってしまう し、 第一そう言うヘンなコトを続けていれば、いずれは 誰も積極的にそう言う事をしようと思わなくなる、 というのは誰の目にも明らかなワケです。

また最初のリンク先の記事は、

今から AI人材を育てるために色々するには時期が遅すぎる

という観点からの意見なワケですが、私はそもそも、そのAI人材を育てる云々の前に、

開発者が不当に逮捕される

という現状を方向修正しないと、いくら高度なIT人材を育てようとしても、

はいはいワロスワロス。どうせ後で逮捕したり摘発したりするんでしょ?

と言うコトになる、と個人的には思ってます。

プログラミング教育はITに無理解な取締りで全部台無しになる

個人的にはこれもまぁ前々から思ってるコトですが、せっかく

 ITに強い人材を育るためプログラミング教育に国として力を入れ行きます!

と国が教育面で音頭を取っても、それを警察や司法当局がIT技術に無理解な取締りを行なってしまえば、 そう言った教育が意味を無さなくどころか、 逆に、

プログラミング教育は IT犯罪者を生み出す温床になっている!

とか言われる状況になりかねない、と個人的には思います。

また、先にも述べた様にITに無理解な取締りが横行 してしまえば、

で? こう言う惨状で 誰がIT技術やプログラミングを教えるねん?

と言う問題にもなってくるし、現にこういう状況は 情報セキュリティ技術の現場 で起きているワケで、 うかつに セキュリティ攻撃への防衛手段までも(逮捕されるので)教えられない、 という状況になりつつあるのは どう考えても止めないとマズいだろ と個人的には思ってます。

ま、 日本でのITセキュリティや技術教育を壊滅させたい なら止めなくても良いんだろう けどね。

以上

正直言うと、私個人としては 国を挙げて高度なIT人材教育を云々 という話を聴く度に、

はいはいワロスワロス。どうせ IT人材教育したってみんなデタラメに取り締まるんでしょ

と思う様になっていて、

(IT人材教育の話には)付き合ってられない。こいつらバカかアホなんじゃないの?

と、冷めて考えてしまってます。

で、そう言う諦めモードな思考になる原因を作ってるのは、

ITやプログラミングに対しての 無理解かつデタラメな取締り

が、実際に行われてしまっている現状そのもの なワケで、そこを改善しようとせずにIT人材教育…… って言われましても、結局は無駄に逮捕されてダメになる人材増やすだけなんじゃないのー? と個人的には思ってます。はい。