title: "僕は私であり、私は僕である"

と言うのが、自分の在り方だと思ったという話。


ここ最近の所、 うつ病 の影響も有ってか、大変に自我が安定せず、自分自身の Gender Identity について、

自分は[男性女性 、どっちなんだろう……]

と、 思春期 か何かの様に悩んでいたんですが、色々情報を調べ、自分自身の経験にも当てはめた結果、

あ、自分は LGBTQ の Q ( Questioining ) だわ

と、言う結論で落ち着いた。

と言うのも、今現在の自分を俯瞰してみると、

  • 普段 (特に外出時など) で 身体的男性として振る舞うのには問題がない
  • かと言って、 自身の性別に違和感が無いかと言えばそうでもない
  • そして、 男性的に振る舞うのも女性的に振る舞うのにもどうにも違和感がある

という感じだし、あと、自分の場合、 GID とは別の鑑別である

というのもあって、 Gender Identity Disorder とまでは言い切れないだろう、とは思ってたんだけど、 今日、たまたま LGBTQ という単語でググってて、

自分の Gender Identity が定まらない Questioining という Gender Identity が有る

というのを知って、

あ、正に自分の場合これやわ

となった次第。

なんで、これを日本語で表わすと、

自分の[性自認 は『不定』]

というのが、 一番現状を表わすのに、妥当であるかなー と。

まぁ、結局のところ、 自分にとっては自分の自我がある程度安定さえすれば、それはそれで問題ない ので、 その辺り、 あんまり深追いする必要もなくなったかな、と思う次第 です。はい。


ちなみに。

自分の今現在の 身体性への違和感 の大きいモノとしては、

ぐらいなので、まぁ、この辺りは大事に成らない範囲で対処可能ではある。と言うのも、ヒゲは脱毛とかすれば良いし、また、髪型については、適宜変えれば良いだけなので。なので、いつかは ヒゲを撲滅し、髪型とか変えてみるのも良いかなぁ 、と。

あと、 [Sexuality] については、今のところ女性の方に向いていると思う……んだけど、自分の場合、その辺りの経験は無い (何せ 他人とお付き合いとかした事がない ) ので、実際のところは不明。

なので、もしかすると、本当に女性だけの方向に向いているかどうかは分からないんだけど、まぁ、僕は 生殖 するつもりがあんまり無いし、また、今後 パートナー とかが出来たとして、なんらかの事情で子供が出来ません……だったら、 養子 とか迎えれば良いんじゃない? と思ってるクチなので、まぁ、その辺りは問題ないかな、なんて思ってます。はい。

nyarlaが大体

Scrapbox.io でコメントや意見を書く