title: "YAPC::Okinawa 2018 ONNASON 、最高でした!!"

僕は、つい先日

に、参加して来たのですが、

そして、今回は、 なんとも幸いな事に学生を対象とした旅費支援に当選 し、 旅費の支援もして頂けた ため、あとは 残るこちら側の責務を果すべく 、今回は YAPC::Okinawa 2018 ONNASON への参加レポートを書きたいと思います。


今回の [YAPC へ旅は、本当に最高だった!]

実は正直な所、僕は今年に入ってから先月の終り頃まで、 あまりにも毎日寒いため、メンタルの調子がダダ崩れ で、二月の中頃までは、

これ、 本当に YAPC 参加出来るのか……?

という状態にまで下っていてたのですが、これまた幸いな事に、 YAPC には間に合う形で復活は出来た ので、旅の途中、 頓服の薬とか飲みつつ YAPC::Okinawa 2018 ONNASON へ参加していました。なお、僕は今回、おおよそ、次の様なスケジュールで旅行予定を立てていました:

前夜祭には不参加 で、 2018-03-02 は、電車を乗り継ぎ飛行機乗って沖縄入り

  • 2018-03-03 は、 朝から YAPC へ参加して懇親会も参加
  • 2018-03-04 に早めにホテルをチェックアウトし、お土産とか買いつつ帰路へ付き帰宅

ちなみに僕は今回、 YAPC への旅行日程を組んだときには、帰路に付く際のスケジュールは、大雑把な時間しか組んでなかったのですが、なんと帰りもパーフェクトに時間通りに帰ってこれたりもしました。そのため、今回の YAPC への旅は、旅に有り勝ちなトラブルとか一切なく、

YAPC::Okinawa 2018 ONNASON で聴いてきたトークについて

それで、僕は今回、各トークについては、下記の様なスケジュールで、トークを聴いてきました:

  • バス移動・kazeburo さんからのメルカリでの仕事の紹介
  • オープニング
  • 会場B ・ papix さんの Webサービスを監視するときに僕達が考えたこと
  • 会場B ・ 仁多見 遼 さんの _GraphQL をプロダクション導入した結果 _
  • 会場A ・ xaicron さんの そろそろPerlでのHTTP/2について触れたい
  • スポンサーの方々との会食
  • 会場A ・macopy さんの High (Availability|Performance) WebSocket for Perl Real-Time Application
  • 会場A ・karupanerura さんの _2018年春のPerl _
  • 会場B ・ moznion さんの Inlineモジュールの世界
  • 会場B ・ akiym さんの Perlコーディングテクニック2018
  • 会場B ・ skaji さんの Perl6のエコシステム
  • 会場B ・ dankogai さんの Everything You Always Wanted to Know About Numbers But Were Afraid to Ask
  • 会場A ・ yappo さんのキーノート
  • 会場A ・papix さんのスポンサートーク
  • 会場A ・ LT 大会
  • クロージング
  • YAPC 懇親会

そして、各トークを聴いてきて、思った事や感じた事などの感想は下記の様な感じになります:

バス移動・kazeburo さんからのメルカリでの仕事の紹介

  • メルカリ社、巷で言われているよりは、真っ当にビジネスに取り組んでいるんだな、という印象
  • 社員数の結構な割合がカスタマーサポート (具体的な数字は失念)、という構成なのには、へーそうなんだ、という感想
  • 色々大変そうだけども、頑張ってください、と思いました

会場B ・ papix さんの Webサービスを監視するときに僕達が考えたこと

個人的には一番のベストトークでした

  • と言うのも、 あ、実際のサービスの監視ってこういう感じなんだ! という知見がかなり得られたため
  • あと、トークの内容も判り易かったため、 さすが papix さんや ! という感想

会場B ・ 仁多見 遼 さんの GraphQL をプロダクション導入した結果

  • なるほど、GraphoQL ってこういう ecosystem なんだな、という印象
  • でも、GraphQL ってまだまだ発展途上なんだなー、という感想
  • 色々大変そうだけども、 GraphQLって便利な所は便利そう と言う感じでした

会場A ・ xaicron さんの そろそろPerlでのHTTP/2について触れたい

  • Perl で HTTP/2 をフルにやろうとすると、 すべてをイベントドリブンにする必要が有る と言うのには初耳だった
  • って言うか Plack の HTTP/2 サーバ実装……存在していたのか というのも初耳だった
  • まぁでも全部イベントドリブンは、なかなか大変そうだな、という印象

スポンサーの方々との会食

  • 個人的には、 色々得られるモノも多かった 印象
  • とは言え、 僕の方から提供できたメリットは薄かったじゃないかなー という感想
  • それでも、 色々とありがとうございました 、という感じです

会場A ・macopy さんのHigh (Availability|Performance) WebSocket for Perl Real-Time Application

  • なるほど、 Production Ready なMiddlewareってこうして作られて行くのか という印象

独自のデータ構造を作らない という思想は 大変に参考になりました!  

  • まぁでも、Production Ready にするためには、色々と工夫だったりが必要なんだな、という感想

会場A ・karupanerura さんの 2018年春のPerl

  • トークの動機である charsbar の活動を支えたい、という思いは大変に良いと思いました
  • あと、Perl に CVE 出てたのは知らなかった……
  • Unicode 10.0 をサポートした、とか、やっぱり _Perl は文字列に強い _

会場B ・ moznion さんの Inlineモジュールの世界

  • トークを聴いていて、 大変に面白かったです
  • ちなみに、トークを聴いている時に調べたら、Inline::Perl が存在していてビックリ
  • あと、 Inline モジュールのデメリット、NixOS で軽減出来るのでは? とも思いました。 特に依存関係

会場B ・ akiym さんの Perlコーディングテクニック2018

Perl 界隈を盛り上げていきたい、という思い、大変良いと思います

  • あ、今の Perl って こんな感じの便利モジュールが有るんだ! という知見も得られました
  • 本当、最近、自分はプログラミングのアレコレを追えてないなぁ、と実感しました

会場B ・ skaji さんの Perl6のエコシステム

  • Perl6 、 (自分が) 気がつかない内に色々進化していた……
  • Perl6 、 Syntax に 絵文字を導入するとか、本当、凄いな……
  • しかしながら、 SKK 系 Input Mehod で絵文字打つのってどうしたらええんや…… ってなっている自分

会場B ・ dankogai さんの Everything You Always Wanted to Know About Numbers But Were Afraid to Ask

Perl 5 or Perl 6 で、JSON の number を完全に扱い切れてない 、と言うのは初耳だった

  • そして、 バクレポートがそのままになっている のには、ちょっとビックリ
  • でもやっぱり、 dan さんは流石だ! と再認識させられる内容でした

会場A ・ yappo さんのキーノート

  • Yappo さんって、そういう背景を持っていた方なんだな、と初認識
  • coderepos とか HTTP::Engine とか、リアルタイムで参加出来ていたのは、 得難い体験だったんだな 、と認識
  • あと、懇親会で色々と Yappo さんの自宅のサーバ環境って凄い、という話を聴けたのは良かったです

会場A ・ papix さんのスポンサーセッション

  • おー papix さん、 個人でドンとスポンサー (not 個人スポンサー) したのは凄いなぁ 、という感想
  • papix さん、 熱い人柄 だな、と再認識しました
  • そして、僕の中で papix さんの株が上がりまくってます

会場A ・ LT 大会

  • 色々と、面白い話や、興味深い話を聴けて大変良かったです
  • が、どれが誰の発表だったか、については、今一つ、メモ取れてなかった……
  • あと、ベスト LT への投票を僕がして損ねていたのは、ここだけの話

YAPC 懇親会

  • 色々と、あっち行ったりこっち行ったりで、モグモグしていました。そしてスシは無くなるのが早かった
  • そのため、魚貝類 (特に貝類) が苦手な僕は、早々に食えるメニューが限定されてました
  • あと、kazuho さんが 熱く http/2 の話をされていたのが、特に印象に残っています

旅の終わりに

と言う様な感じで、僕としては、今回、

と、 胸を張って言える 様な 、 本当に最高の旅が出来た ので、今、凄く満足した余韻にひたりながら、この記事を書いています。

そしていつの日か、 YAPC::Japan も含め、 どこかのカンファレンスでのトークへのチャレンジが出来たら良い よな、と、今、僕は考えているし、また、それへ向けて、スキルを積めて行けたらな、と思っています。


と言う感じで、今回 YAPC::Okinawa 2018 ONNASON へ参加してきた、というレポートは以上です。本当、 最高に楽しんで帰ってこれた し、また、僕としては、 最高に良い体験が出来た ので、今、 非常に満足しております

そして、いつかは そういう最高の体験の一部となる様な、良いトーク等が出来る様な、そう言う開発者に僕はなりたい 、という目標も出来たので、今後はそれも目指して、日々学業や開発に取り組んで行きたい、と今、考えています。

最後に、

nyarla が大体

Scrapbox でコメントや意見を書く