データのバックアップに bup + rclone と言う構成を取る事にした

読了まで:約2分


僕は​最近……と​言うか、​ [[Dell XPS 9560]] で​ Linux を​使い​始めた​頃から、​ データの​バックアップとか​全然してない​感じだったんですが、

もう​そろそろ​これじゃイカンだろう

と​言う​ことで、​色々と​モノを​探し、

と​言う​組み合わせてで​バックアップを​取る​事に​しました。


んで、​ bup と​ rclone に​ついて​説明すると、

bup は​ Git Repository を​バックアップリポジトリと​して​使える​バックアップソフトウェアで、

rclone は​ _ rsync_ の​クラウドストレージ版、の​様な​モノらしいです。

それで、​ rclone は​ともかく、​なんで​ bup を​使うことに​決めたか、と​言うと、

  1. bup は​バックアップの​リポジトリが​独自形式ではない​ (Git の​ repo format を​使ってる​)
  2. バックアップの​コマンドは​出来る​限りシンプルな​モノが​良い​ (他のだと​やや​こしかった​)
  3. NixOS でも​手軽に​導入出来る​ (一々​ default.nix を​書かなくても​良い​)

と​言う​辺りで​決めました。

また、​ rclone を​使っている​理由と​しては、

  1. バックアップ先の​ストレージと​して​ Google Drive を​契約している
  2. ファイル同期の​際に​データを​暗号化出来る
  3. いざと​なれば​他の​ストレージサービスにも​対応出来る

と​言う​辺りです。


また、​バックアップの​流れと​しては、

  1. _ bup_ で​ファイルの​インデックスを​更新して​ファイルを​リポジトリに​バックアップ
  2. バックアップの​データが​入った​リポジトリを​ _ rclone_ で​ Google Drive へ​暗号化して​同期
  3. あとは​それを​スクリプトに​書いて、​それを​サービスと​して​回す

と​いう​感じ……​なんですが、​今日の​時点では、​バックアップを​取る​所までしか​スクリプト等が​書けてなかったりします。​ なんか​色々やってたら、​時間が​切れちゃったと​言う……。

ま、​とりあえず​残りの​作業は、​ rclone の​設定の​部分と、​ あとは​スクリプトを​書いて​ systemd 辺りで​定期的に​ Job を​回す​ところだけなので、​ まあ​そんなにはて​こずらないとは​思いますが。


と​言う事で​今日の​雑記は​以上です、​はい。

アバターアイコン兼ロゴ

にゃるら(カラクリスタ)

『輝かしい青春』なんて失かった人。次に備えて待機中。

今は趣味でプログラミングをして生活しています。