by @nyarla

日常的に必要な PC のソフトウェアが、ほぼすべて Vivaldi に格納された

と言うお話。


確か以前、一時期だけ、

普段使うソフトウェアを Vivaldi 上に格納していった

という時期が有って、その時の話は、

に書いてたんですが、今回、再び、

日常的に必要な PC のソフトウェア が、 ほぼすべて Vivaldi に格納された

という状況になって来ています。

と言う訳で以下証拠:


それで、僕は上記スクリーンショットに表示されるタブをほぼピン止めした状態で使っていて、 その内訳は下記の通り:

で、基本的な所はこれで困ってないんだけど、今後は次のソフトウェアを格納出来たらなーとか考えている:

あと、次のソフトウェアはその性質上格納するのは無理っぽそうだと思ってるので、 無理して Vivaldi に格納はしないでおこう、と思ってます:


という事で話としは以上なんだけど、感想としては、

うーん、こう見てみると、プラットフォーム依存なソフトウェアって、 僕はもうほとんど使ってないんだなー

という感じでしょうか。

と言うのも、Web ブラウザで表示出来る Web Applications は基本的に、 モダンな Web ブラウザ環境さえ満足に動かせれば、どんな環境でも動くはずなので、 そう言った意味では、

に、ガチガチに依存している部分は少ないんだなーと。

ただまあ、物理的なデバイスが関わってくる iTunes とか FL Studio とかは 実行環境に依存せざるを得ないので、 その辺りはその依存を外すのは無理じゃね? とか思ってます。はい。


というコトで今回の話は以上です。

なんか思ったより話が長くなった気がする。