山田太郎参議院議員は、何故おおさか維新をたった二日で去る事になったのか

ちょっと前のニュースで、表現の自由 (表現規制問題等) への熱心なコミットで知られている、

が、なんか、

おおさか維新へ入党したと思ったら、たった二日で離党してた。あ、ありのまま(ry

という感じの謎い行動をしていて、

アレって何でだったんだろう……?

と個人的に気になり、続報等が無いか調べた結果、とりあえずネットで分かる範囲で、ある程度の話の流れが掴めたので、今日はその辺りを書きます。

1. 山田先生の秒速離党の原因

それで、結論から言うと、 ネットで調べた 限り、例の秒速離党の原因は、

  1. 山田先生、色々考えておおさか維新の門を叩き入党する
  2. おおさか維新、山田先生を **_ どう考えても落ちる捨て石な選挙区に配置_** する
  3. 山田先生、『すまんが、 **_ 議員活動できないのは困るんで_** な……』と速攻で離党

という感じ。

うん、まあ、なんだ。はっきり言って、おおさか維新が、

お前の票田は貰うが、議席はやんねー!クソして(ry

という割と無下な対応が原因だったっぽい。

2. それを知った僕の個人的感想

うん、まあ、そりゃねぇ。折角決意して入党したのに、無下な対応で、

お前には、今から冷や飯を食わせとくわー

みたいなコトされたらねぇ。切り替えの速い人なら、

あ、そうですか。じゃ、サヨナラです

ってなってもおかしくは無いと思う。

っていうかコレ、僕なら速攻で見切りを付ける案件ですね。はい。

3. で、山田先生はこれからどうするのか

まあ、個人的にはこちらが非常に気になるんだけど、

これから山田先生、どこで立候補するつもりなんだろう……

というのが、個人的には非常に心配です。

と言うのも、山田先生みたく、

地に足が付いた答弁を行なっている

という当たり前が出来る議員先生方って本当、最近少ない様に感じるし、また、理に適った意見を発信している議員先生ってさらに少なくなる印象なので、出来たらちゃんと当選して欲しいんだけど、どうするんだろう、本当。

という事で以上

まあ、とりあえず例の山田先生の秒速離党については、

おおさか維新が山田先生を生かそうとせず、初っ端から冷や飯対応した

っていうのが原因っぽいとだけ、一応言っておきます。

ただまあ、これはネットの情報を調べて導いた結論なので、裏ではどういうやり取りが有ったのかは判らないし、また、山田先生側に落ち度はなかったのか否か、っていう点でも、判断しかねる部分が有るので、その辺り、詳細については各自調べるか、あるいは続報を待った方が良いかと思います。


と言うことで、本日のメモ記事は以上です。はい。

nyarla が大体

Scrapbox でコメントや意見を書く