Macbook Air mid 2011 に Archlinux をインスコしてウヒョーしていましたが、今日、恥しながら OSX に戻ってきました

本日の出オチ。


いや、まあ、本当は OSX なんぞ投げ捨てて、 [開発環境 としては] 快適な Archlinux に引き込もっていたかったんですが、いかんせん、Google Cloud Storage Nearline へのバックアップの取り回しの関係で、 OSX の sparsebundle からは逃れられそうにない、というコトで、本日、恥しながら、Archlinux から OSX へ戻ってきました。嗚呼、ナンテコッタイ。


まあ、他にも理由は有って、

  • Reeder for Mac に匹敵する Feed Reader が Linux には無い
  • BGM の再生を iTunes に集中していたため、BGM の再生環境ががががが
  • それと トラックパッドの操作加減がちょっと Linux だと 快適性がびみょい

という理由も有るっちゃ有るのですが、一番の理由は sparsebundle です。OSX 以外には sparsebundle が無い。それが一番の敗因でした。


真逆、 すぱーすばんどるに屈する とは思わなんだわ。フハハハハハ……(ガクッ

nyarla が大体

Scrapbox でコメントや意見を書く