Apple Wireless Keybaord の分解掃除をした

時々心が折れそうになったけど、キートップはピッカピカになりました。


まあ、 分解掃除 とは言っても、

  1. キートップを外して水洗いし、家庭用洗剤に漬け置きしてすすぐ
  2. キートップ用のくぼみにたまった汚れを、ティッシュを巻いた爪楊枝やピンセットでゴシゴシこする
  3. 最後の仕上げに、アルミフレームを綿棒で綺麗にする

という感じの作業でしたが。


ちなみに Apple Wireless Keyboard の場合、分解掃除とか、そもそも想定されてないっぽいし、また、実際に分解してキーボードーブッ壊れた!!1 と言われても責任持てないので、Apple Wireless Keyboard を分解掃除する場合には、 必ず自己責任 の元で行ないましょう。

あと、本当はキートップの外し方のリンクを貼りたかったところなんですが、URL をメモってなくて、どこに有ったか判らなくなってるので、その辺りは省略します。っていうか、それを行いたかったら、各位ググりましょう。


というコトで、キーボードの動作確認を兼ねた日記は以上です。

まあ本当は分解掃除するついでに、キートップの刻印も消したかったのですが、それはそれで面倒くさいことが分かったので、今日のところはやめておきました。

あと、無刻印キーボードって、

ぐらいしかないっぽいので、Apple Wireless Keyboard でキートップを消すには、シリコンカバーかなにかを塗装して、運用でカバーするしかないっぽそうな感じでした。まあ、それかキートップ外して塗装した方が手っ取り早そうですけどね。


というワケで今度こそ今回の雑記は終わります。はい。

nyarla が大体

Scrapbox でコメントや意見を書く