『Yazolife』というはてなフォトライフを Gyazo っぽく使える Mac アプリが出来ました!

本日の成果です!!1


Yazolife とは?

僕はここ数日間、

うーん、 はてなフォトライフを Gyazo っぽく使えるモダーンな方法 って何かないかなぁ

と思って 色々アプリを探した り、あるいは、 Gyazo のアプリを改造しようとして失敗したり等々を繰り返していた のですが、

ええい、(改造とかは) めんどうじゃー!!1

という感じになったので、今回、

というモノを作り上げました。 大体昼から2, 3 時間ぐらいで出来た。

参考にした既存ツール

えっと、今回、Yazolife を作り上げるにあたり、参考にしたのが下記のツールです:

まあ、一番目のツールは Gyazo のオリジナルで、次のツールは、 現ペパボの CTO 、あんちぽ=サン が、もう 5, 6年前に作られたと思われる、はてなフォトライフを Gyazo っぽく使うツールですね。

で、今回、 Yazolife を作る際には、

  1. **_ Gyazo オリジナル_** からは、 **_ スクリーンショット周りの処理方法_** を
  2. **_ Gyazolife からは_** 、 **_ はてなフォトライフへのアップロード処理とかの流れ_** を
  3. それぞれ **_ 適切なライセンス利用の元に利用した_**

ことをここに謝辞として記載したいと思います。

Yazolife の使い方

Yazolife の使い方は、基本的にはオリジナルの Gyazo と一緒のはずです。

インストールについては、上記の Yazolife のリポジトリ をダウンロードするなりして、

  • Yazolife.app

を取り出し、 /Applications or ~/Applications にコピペしてインストールすれば、 それだけでインストールは終了します。簡単ですね!

ただ、一つ注意点として、Yazolife のアップロード処理スクリプトでは、

  • はてなのユーザー ID (必須)
  • はてなのAPI Key (必須)
  • はてなフォトライフにおいてのアップロード先のフォルダ (任意)

の設定をする必要があり、また、Yazolife のアップロードスクリプトの依存ライブラリもインストールする必要が有ったりします。

が、この辺りついて、僕も初期設定するに手動で云々するのはめんどくさかったので、 一応、半分だけ自動化してあって、

  • Yazolife.app~/Applications/Yazolife.app としてインストールした

という前提だと、下記のコマンドの様な感じで環境設定が整うようになってます:

# 1. まず、こんな感じのコマンドを打ちます
$ EDITOR=vim ~/Applications/Yazolife.app/Contents/MacOS/ppit set hatena.ne.jp

# 2. そうすると、OSX の system perl を使いつつ、
#     `~/Applications/Yazolife.app/Contents/Resources/extlib` に
#    Yazolife (perl script) の依存ライブラリをブッ込み始めます。
#    ちなみにこの際に `curl` で `cpanm` を取ってきて system perl に食わせるということをしています

# 3. で、依存ライブラリのインストールが終わると、
#     今度は `EDITOR` に指定した エディタ (上記例だと `vim`) が開くので、
#     そこで下記のような感じで設定を書きこみます。

$ cat ~/.pit/default.yaml
--- 
"hatena.ne.jp":
"apikey": "XXXXXXX"
"folder": 'Yazolife'
"username": 'nyarla-net'

なお、はてなフォトライフの API を叩くための API キーは、どうも今現在だと、はてなのサービスにメール投稿する際に使うメールアドレスの内、そのメールアドレスのユーザー名に含まれる共通の文字列らしいです。

まあこの辺り詳しくは、

を参考にすると良いかと思います。

ということで以上です。

はい。

で、あとおまけとして、Yazolife.app のアイコンはどのように作ったかっていと、まず、昔とった杵柄である iPad 2 (いい加減買い替えたい) で、

で、適当に片仮名の『ヤ』の字を書き、それを保存し Mac に移した上で、

で四角く切り抜き、その画像を、今度は、

に読み込ませてそれっぽいアイコン PNG を生成、そして最後に、

を使って Mac のアイコン形式に変換、という流れと取りました。簡単ですね!

それと今回、オリジナルの Gyazo とか、あるいはあんちぽさんの Gyazolife とかから流用してきた処理やファイルなどがあるので、ファイルのライセンスがモノによってバラバラだったりしますが、その辺りについては一応、

に雑に書いてあります。

まあもしなんか問題や要望等があるようでしたら、

へ、 Pull Request 投げるなり、あるいは、Issue 立てるなりしていただけると幸いです。 ということで、この記事は以上で終りたいと思います。 Yazolife.app 、よかったら使ってみてください!

nyarla が大体

Scrapbox でコメントや意見を書く