Bitcasaの代わりにAmazon S3 + Glacierを使ってみた

読了まで:約6分


こんに​ちま!

と​いう​時間帯でもないのですが、​皆様お久しぶりです。​ に​ゃるらコト、​岡村 直樹(25)です。​皆様は​新年は​いかが​お過ごしで​したでしょうか。

僕は​まあ、​新年から、

  1. 毎日​自分の​ブログの​どれかを​更新する
  2. DayOne の​日記を​毎日きちんと​書く

と​いうような​日課を​課して、​それを​実践しておる訳ですが、​ まあ今の​ところ​順調に​書けております。

で、​それは​まあ良いと​して、​この​度僕は、

  • Bitcasa を​解約し、​Amazon S3 + Glacier を​使う

と​いうような​コトを、​昨日から​今日に​かけて​行っておりました。

で、​Bitcasa!​ Bitcasa カイヤクナンデ!​ って​いうと、

  1. Bitcasa は​結局の​所バックアップに​しか​使ってなかった
  2. $99.00/1TB/yrな​Bitcasaって​マジで?​ $10/yr じゃなかったの?
  3. あと​ Amazon S3 + Glacier 使いたい!

と​いうのが​主な​理由。

まあ変えたかったから​変えた、ってのが​本当の​所では​あります。

で。

本日の​記事と​しては、​その、

  • Amazon S3 + Glacier

と​いう​組み合わせで、

  • ファイルの​永久アーカイブ計画

を​やってみたので、​その​辺りの​コトを​今日は​書きたいと​思います。

0. Amazon S3 + Glacier を​使う​前に​やった​こと

これは​大体、

  1. いらない​ファイルの​処分
  2. ファイル構造の​整理
  3. あと​暗号化周りの​下調べ

と​いう​辺りです。

で、​僕は​今回、​いに​しえの​ Windows XP 時代から​保持していた、​ジャンクな​プログラミングコードを​ 全部​捨てました 。​lol

それは​なんでかって​言うと、

  1. ぶっちゃけ参照する​ことが​ここ数年無かった
  2. Amazon Glacier に​保存するには​ちょっと​微妙だった
  3. あと​整理が​めんどくさい

と​いうのが​主な​理由。

まあ後ほかにも​アーカイブしてたけど、​これって​要らないよね?​ みたいな​ファイルも​当然の​要に​消去しました。​あんまり​取っておいても​仕方が​無いので。

まあ要らない​ファイルを​棚卸しした、と​いうのが、​Amazon S3 + Glacier を​使う​前に​やった​ことです。

1. Amazon S3 + Glacier を​使ってみる

で、​次に​ Amazon S3 + Glacier を​使う訳ですが、​この​辺りに​ついては、​先人の​知恵の​方が​とっても​分かりやすい!​ ので、

辺りを​参照していただけたらな、と​思います。

で、​僕が​実際上記リンク先を​見て​作業したのは、

  1. Amazon S3 に​専用の​ Bucket を​作る
  2. IAM で​ Amazon S3 + Glacier 専用の​グループと​アカウントを​作る
  3. s3cmdの​最新の​開発版を​使って​ファイルを​う p する

と​いう​辺りです。

まあ 1 と​ 2 に​関しては​セキュリティ関係の​作業なのですが、​3 番の​ s3cmd に​関して​言えば、​実は​最初は​使ってませんでした。

が、​僕が​最初に​使った、​S3 クライアントの、

は、​なんか​ 5GB 以上の​ファイルが​う p できなかった​ため、​ s3cmdを​導入して​その​辺りを​ごまかしました。

で、​ s3cmd も​ s3cmd で​罠が​あって、

  1. OSX の​システムの​ Python の​ site-packages/sitecustomize.py で​ sys.setdefaultencoding("utf-8") してないと​日本語名ファイルで​ s3cmd が​死ぬ
  2. s3cmd は​最新の​開発版じゃないと​ 5GB 以上の​ファイルの​う p が​できない
  3. ~/.s3cfg の​設定が​ US に​向いてるのを​直さないとおかしな​挙動に​なる
  4. --server-side-encryptionは​最新の​開発版じゃないと​使えない

と​いう​辺りに​ハマりました。

なので、​ s3cmd を​使う​際には、​ s3cmd の​最新の​開発版を​使いましょう。

ちなみに​ s3cmd の​最新版の​導入に​関しては、​Homebrew ​使ってる​場合で​あれば、

$ brew install s3cmd --devel

で、​導入できます。

2. Amazon S3 + Glacier を​使う​実際の​流れ

で、​基本的に​ Amazon S3 + Glacier を​使う​場合の​流れ、と​いうのは、

  1. Amazon S3 に​専用の​ Bucket を​作る
  2. 専用の​ S3 Bucket の​ Lifecycle で、​1 日後に​ Glacier 送りに​するよう設定する
  3. S3 に​対して​ s3cmd で​実際に​ファイルを​う p する
  4. 後は​アーカイブされるのを​松
  5. 取り出すときは、​ゆっくりしていってね!​ で​取りだす

と​いう​感じです。

で、​僕が​実際に​ S3 に​う p する​際に​使った​ s3cmd の​コマンドは、

$ s3cmd sync ~/Files/ColdSleep/ s3://coldsleep/ --server-encryption --exclude=".DS_Store" --continue-put

と​いう​感じです。

で、​実際に​う p するのに​かかった​時間ですが、​これは​まあ半日ぐらい?​ って​感じでしょうか。

まあ実際には​試行錯誤の​時間も​ありましたし、​色々と​他にも​作業を​していたので、​実際に​かかった​時間は​正確には​分からんのですが、​まあ大体まるっと​一日は​つぶれるかな、って​感じです。

で、​あと​気に​なる​お値段の​方ですが、​今 2014-01-08T19:23:00+09:00 現在、​他の​ S3 とかの​費用を​含めて、

  • $ 0.31

と​成っております。​が、​これさらに​増えるんじゃね?​ と​ちょっと​ビビっておりますが、​一応請求額が​$10.00 を​超えると​アラートがくるように​設定しているので、​多分​大丈夫でしょう。​明日か​明後日には​ Glacier ​行きに​なるし。​まあちょっと​この​辺り​明日に​成ってみないことには​分かりません​(><;)

3. そして、​現在の​ファイルの​バックアップ構成

基本的には​今は、

  1. Dropbox は​ Dropbox 使用する​ iOS/Mac アプリの​ファイル置き場専用
  2. iTunes や​ iPhoto、​あるいは​開発系コードの​同期は​ Google Drive + [[Insync https://www.insynchq.com/]] で​保存
  3. 永久に​保存したい​ファイルは​ Amazon S3 + Glacier に​保存
  4. あとは​上記三つを​まるっと​  Drobo SG にも​バックアップ

と​いう​体制を​取り、​基本的に​ Amazon S3 + Glacier への​バックアップは、​自宅サーバに​なってる​ Mac mini late 2012 上で​やってます。

で、​実は​まだ​ s3cmd の​定期実行の​コマンドは​仕込んどらんのですが、​ま、​これは​まあこの​記事を​書き終わったら​仕込もうと​考えております。

で、​費用に​ついては​なんだろう、​多分以前の​体制より​安くなってるとは​思いますが、​とりあえず​もうしばらくは​様子を​見て、​また​価格的に​アレとかなったら​体制を​変更したいなーと​思ってます。

4. と​いう​訳で​以上

つーことで、

  • Bitcasa を​使うのを​やめて、​Amazon S3 + Glacier を​使うように​した

と​いう​話でした。

まあ実際​今​日から​使い​始めたんで、​今の​ところは​まだ​試行錯誤の​段階ですが、​また​も​う​ちょっと​ノウハウ等たまってきたら、​その​辺りの​コトを​また​書きたいと​思います。

と​いう​訳で​新年一発目の​ Nyadgets!の​記事を​終わります。

皆様、​今年も​どうかよろしく​お願いします!

#FIXME

アバターアイコン兼ロゴ

にゃるら(カラクリスタ)

『輝かしい青春』なんて失かった人。次に備えて待機中。

今は趣味でプログラミングをして生活しています。