iPadから更新してみるテスト

概要: iPadからブログを更新してみた


前々からiPadからブログとか日記とか更新できたらなーとか思ってたんですが、 本日なんと! その環境を整えることができてしまいました! どんどんぱふぱふー! で、今は、この記事をiPadから書いています。

んで、どういう感じなのかというと、まず前提として、 僕のブログとか日記は、typesterさんが作った nim を使って、 静的生成されています。

んで、静的生成するには、UNIX-likeなshell環境でコマンドを発行する必要があるのですが、 僕は今回、このコマンド発行をさくらインターネットのスタンダードプラン(今現在空繰再繰があるサーバ)で、 実行することにしました。んで、まずそこにつなぐのが、Panic! 社のPrompt。

Promptは公開鍵や、メタキーにも対応している、 for iOSなSSH Clientで、 結構シンプルで使いやすい感じのアプリケーションです。

が。

実は今回はPromptでsshにつないでEmacsでウハウハしようかと思ってたんですが、 Promptは現時点(2011-11-26日現在)、 日本語まわりがダメダメ で、 とてもじゃないけど日本語入力できねぇよ! って感じの状態でした。

で、だ。そこで僕の計画はパーなのか? せっかくさくらインターネットの環境でnimが動くようにしたのに! とか思っていたんですが、ここで発送を転換。

Promptで日本語入力がダメなら、他のアプリで書いて転送すればいいじゃない! あなた(ry

という感じで、どうかんがえてもマミられてる気がしないでもないですが、 とにかく、他のアプリで書いて転送すりゃいいじゃんってことで、 Textastic Code Editorというfor iOSなテキストエディタを使うことにしました。

Textastic Code Editorは、いくつあるのこれ? ってぐらいに多数のシンタックスハイライトに対応したエディタで、 ファイル転送等は、

  1. FTP, SFTP, FTPS
  2. Dropbox
  3. WebDAV

に対応しています。んで僕は今回、FTP経由でこの記事をアップロードしています。

PromptとTextastic Code Editorを組み合わせる流れをまとめると、

  1. Textastics Code Editorで記事を書く
  2. FTPでうp
  3. Promptでgit add && git commit -m "addedd new entry"
  4. Promptでnim && sync

という感じ。

で今回、この流れを実際にやってみるべく、この記事を書いているわけです。

感想はまた次回って感じになりそうですが、とりあえずTextasticで記事を書いている限りでは、 Macbook Air + Emacsで記事を書いている時とそうは変わりないです。 ただ、iPadの漢字変換がちょっと慣れてないんで戸惑いますが。 あ、ちなみにこの記事はApple Wireless keyboardを使って書いてます。

まあ今日はもう寝る時間なんでもうそろそろ切り上げますが、 夢だったiPadでのブログ更新がかなったかなりそれなりに満足です。

以上。iPadからの更新でした。

#FIXME

nyarlaが大体

Scrapbox.io でコメントや意見を書く