Google Account SwitcherをGoogle Appsに対応させる:更新編

概要: 改造したGoogle Account Switcherを更新に対応させる


以前 Google Account SwitcherをGoogle Appsに対応させる方法 という記事で、 Google Account SwitcherをGoogle Appsにやっつけで対応させていたのですが、 最近の更新でどうもうまく動かなくなってたので、 とりあえずまたやっつけで対応させてみましょうというのが今回の議題。

改造する箇所は前回と同じく、if (isGooglePage())ifブロックの部分で、今回は、

if(isGooglePage()) {
if(window.location.href.indexOf("ServiceLogin?") > 0) { // ここを改造 `accounts/ServiceLogin?` => `ServiceLogin?`
getUsernameToSignIn();
} else if(window.location.href.indexOf("adsense/login") > 0) {
getAdSenseAutoSignInValue();
} else {
init();
}
}

という感じ。

最初前とまったく同じ改造を施したんですが、なぜかうまくいかず、 とりあえず前の改造からa/thotep.netを取っ払ったらうまく言った次第。 まあとりあえず動いてるから問題ないでしょう。 あとは普通にGoogle Account Switcherを使えば、Google Appsのアカウント切り替えができます。

あと例によってこの改造を施すと、元のGoogle Accountの切り替え機能がうまく働かなくなる可能性があります。 もっとも僕の場合、Googleのアカウントは一つしか持ってないので、試せてませんが。

というわけで以上Google Account Switcherを再び改造するという話でした。

#FIXME

nyarla が大体

Scrapbox でコメントや意見を書く