by @nyarla

パソコンを修理に出した

概要: 結局購入元に修理に出しました。


PC のビデオカードがぶっ壊れたといってましたが、結局のところ、 購入元の takeONE に修理に出して直してもらいました。

8 日の金曜日に宅配便で takeONE 宛てに送付、んで今日 12 日の夜に無事届きました。 往復に二日かかるとして、修理期間はわずか二日。あっというまでした。 で、今は直った PC で記事かいてます。

で、故障していたのは案の定というかやっぱりというかビデオカードで、 今まで刺さってた Inno VISION GeForce 8800GTS はもう市場になかったので、 Inno 3D GeForce 9800GT へのアップグレード交換となりました。

かかった費用は 13900 円。このうち技術料と送料の合計が 2000 円で、パーツ代が 11900 円。 修理屋さんとか自分でビデオカード購入するよりはるかに安く済みました。

で、無事直った!万歳!……といいたいところなんですが、なんと大問題が発覚。

なんとケースを止める螺子がついてない!!!

いや、最初さ、ケーブル類が外れてないかチェックしようと思ってたんですよ。 で、ドライバーだしてさあチェックするぞと思って見てみたら、螺子が一個もついてなかったんですよ。

なんじゃそりゃー となりました。もう笑うしかない。

まあ今日はもう営業が終了してるんで連絡できないけど、 明日の十時以降に螺子ついてなかった YO!と連絡するつもりです。 まあ螺子だけ送ってもらえれば、自分ではつけられるからいいんだけど。

まあ本体無事直ったけど螺子がついてないというオチがついた今回の修理ですが、 まあ色々悩んだ末購入元に修理頼んで正解だったかなという感じです。

まあ今度おかしくなったらまた修理を頼んでみよう。

#FIXME