作詞本と作曲本を買った

概要: 年明けからDTMを始めるために作詞本と作曲本を買った


  1. 街は歌の言葉であふれている すぐそばにある言葉が名曲を作る
  2. 作曲家と作詞家
  3. ボーカリストと作詞家
  4. リスナーと作詞家と時代
  5. ジャンルと作詞家
  6. 仕事と作詞家
  7. 実践としての作詞
  1. 街は歌があふれている
  2. 歌の七大要素とは!
  3. メロディー作りの点と線
  4. 実戦作曲術
  5. ワンランクアップの作曲ヒント
  6. 作曲家と仲間たち
  7. どこまでも深い音楽の美しさ
  8. 頑張れシンガー・ソングライター!ファイトだ、作曲家!
  9. 電脳(コンピューター)作曲生活入門
  10. たった1曲から考えること

FL Stduioをいじってたときに、どうやって作曲して行けばいいのか良くわからないという自体に遭遇したので、 作詞本と作曲本という二冊を本をAmazonで買った。この二冊は本の名前の通り作詞と作曲について書かれた本。

今は作曲本の方を通読していて、作詞本の方はまだ読んでないんだけど、作曲本の方は結構分かりやすい。 まあ小学生の頃までピアノを習っていて、知識が多少残ってるからかもしれないけど。

まあ作曲本に関しては自分みたいな初心者向けで、楽譜は読めた方がいいけど、 それ以外の知識が無くても読んでいける本なので、これからDTMとか始めたいと思ってる人にはいいかも知れない。

でまあ作詞本に関してはまだ読んでないので、なんともいえません。作曲本を読み終わったら読む予定。

で、ここからちょっとした話。

実の所、最初は作曲本だけを買おうと思ってAmazonで注文しようとしてたんだけど、 なんかオススメに作詞本というどうみても姉妹本な本が出てきたので、思わず買っちゃったという。 恐るべきAmazonのオススメ。商売上手というかなんというか。

ちなみに上記二冊の本を注文したのは三日前の12月11日の夕方だったんだけど、 本が届いたのは一日経った12月12日の夜の8時頃だったという。 お急ぎ便だったかで頼んでないんだけど、なんか一日で着きました。 最初月曜日ぐらいかなぁと思ってたんだけど。

まあ早く届いたからこうやってBlogの記事にできてるワケです。 届いてなかったら何書いてたんだろうと思わなくも無いんですが。

まあ他にも

とか持ってるので、今回かった二冊を読破したら読み返してみようかなぁと考え中。 ちょっと知識が付いてから読み返すと理解が深まるかなぁと。

まあこれで作曲できるようになるかなぁと思ってるけど、多分そんなにうまくはいかないだろうと考え中。 世の中そんなに甘くないというか。多分ある程度まではできるようにはなると思うけど、 そこから先は経験を積んでくものなのかなぁと。

というわけで今日は最近買った本の紹介でした。

あれだ、Blogに書くこと本当に無いんだけどどうしたもんだろ。

#FIXME

nyarla が大体

Scrapbox でコメントや意見を書く