Subversionをさくらインターネットにインストール

概要: Subversion1.4.0を入れるメモ。


前提

さくらインターネットのスタンダードプランで、シェルはデフォルトのものを使用。telnetでログインして作業をした。

ちなみにtracは使うつもりが無かったので、Python bind は入れてない。変わりにPerl bind を入れた。

参考にしたもの (どちらリンク先消滅)

  • [[-* ttp://weekbuild.sakura.ne.jp/trac/wiki/TracDoc/SakuraInternet]]
  • [[-* ttp://atty.skr.jp/sakura_log.html]]

ディレクトリを作成/環境変数を設定

mkdir -p $HOME/local/src
setenv PATH $HOME/local/bin:$PATH
setenv LD_LIBRARY_PATH $HOME/local/lib

SWIGをインストール

cd $HOME/local/src
wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/swig/swig-1.3.29.tar.gz
tar zxvf swig-1.3.29.tar.gz
cd ./swig-1.3.29
./configure --prefix=$HOME/local --with-python=/usr/local/bin/python
make
make install

Apache Portable Runtime(APR) 1.2.7をインストール

cd $HOME/local/src
wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/apr/apr-1.2.7.tar.gz
tar zxvf apr-1.2.7.tar.gz
cd ./apr-1.2.7
./configure --prefix=$HOME/local --disable-static
make
make install

APR-util 1.2.7をインストール

cd $HOME/local/src
wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/apr/apr-util-1.2.7.tar.gz
tar zxvf apr-util-1.2.7.tar.gz
cd ./apr-util-1.2.7
./configure --prefix=$HOME/local --with-apr=$HOME/local --with-expat=/usr/local --with-iconv=/usr/local --disable-static
make
make install

Subversionをインストール

cd $HOME/local/src
wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.4.0.tar.gz
tar zxvf subversion-1.4.0.tar.gz
cd ./subversion-1.4.0
./configure --prefix=$HOME/local --with-neon=$HOME/local --without-berkeley-db --enable-swig-bindings=perl --with-swig=$HOME/local/bin/swig --with-apr=$HOME/local/bin/apr-1-config --with-apr-util=$HOME/local/bin/apu-1-config --disable-static
make
make install

make installする前に、

./subversion-1.4.0/subversion/svnsync/svnsync.1

./subversion-1.4.0/subversion/svnversion

にコピーすること。そうしないとmake installがこける。最初それで詰まった。

そのあと、

make swig-pl
make check-swig-pl
make install-swig-pl

しようとしたんだけど、どうも共有領域に入れようとしてるらしく、パーミッションがねーよといって怒られる。

なのでmake install-swig-plせずに、

cd $HOME/local/src/subversion-1.4.0/subversion/bindings/swig/perl/native
perl MakefilePL LIB=~/perl/lib INSTALLMAN1DIR=~/perl/man/man1 INSTALLMAN3DIR=~/perl/man/man3
make
make install

して自力で突っ込んだ。SVN::Webのテストしてみたところ、SubversionのPerl bind入ってねーよとは言われなかったので、多分大丈夫だろうと思う。

環境変数を追加

set path = (  中略  $HOME/bin $HOME/local/bin)
中略 
setenv	PERL5LIB	~/perl/lib
setenv	LD_LIBRARY_PATH	~/local/lib

こんな感じで追加する。となっているところは実際には色々と書かれているのでとは書いてはいけない。

感想

2時間半ぐらいかかりました。 あとまだ実際に動かしてないので、ちゃんと入っているかどうか不明。 多分大丈夫だと思うけど。

nyarlaが大体

Scrapbox でコメントや意見を書く