by @nyarla

Hidizs AP80 Cookbook

はじめに

Hidizs AP80 の隠し USB 機能

Hidizs AP80 のボタン類は、

と言う順番でハードウェアが実装されています。

そしてこのボタン類、どうもハードウェア内部のソフトウェアアクセス機能も備えているらしく、

と言う手順で、

のいずれかが呼び出せます。

また、

前の曲へ でのファームウェアアップデートの呼び出し

は、 Bootloader が無事であれば、OS が正常に起動しない状態でも呼び出せる っぽいため、 例えば Firmware update に失敗して Hiby OS が起動しない状態 でも、 Hiby OS のリカバリーが行なえます

なので例えば OS が reboot loop になって使用不能になったとしても、 この手法で OS リカバリーが出来るので reboot loop になったデバイスの復活が出来ます。

※ なお自分は reboot loop になった Hidizs AP80 をこの方法でリカバリーしました

Hiby OS は Linux ベースで update.upt ファイルは ISO ディスクイメージ

まぁ Hiby OS が Linux ベースなのはメディアでも取り上げられているので既知の事実ですが、 どうも Hidizs AP80 の Firmware update のためのファイルは ISO ディスクイメージとして構成されてるっぽく、 拡張子を .iso 変更することによって普通に OS 側でマウントできる様になります。

また、ISO ファイルの中身としては:

$ file *
SYSTEM.UBI:  UBIfs image, sequence number 27676, length 4096, CRC 0x2c60a97e
UBOOT.BIN:   data
UIMAGE.BIN:  u-boot legacy uImage, Linux-3.10.14, Linux/MIPS, OS Kernel Image (gzip), 2498550 bytes, Thu Jun  6 07:23:55 2019, Load Address: 0x80010000, Entry Point: 0x803D5880, Header CRC: 0xAB68B3A1, Data CRC: 0xF708D1AC
UPDATE.TXT:  ASCII text
VERSION.TXT: ASCII text
_GITIGNO:    ASCII text

と言う感じだったので、もしかすると Hiby OS のカスタム OS とか作れるかもしれません。

以上

とりあえず現時点(2020-01-23)で試してみて分かったことはそんな感じです。

また、

前の曲へ でのファームウェアアップデートの呼び出し

の隠しコマンドは、OS 部分でのソフトウェア故障への対策としてかなり強力なので、 この辺り無保証かつ自己責任で作業できるのであれば、 一応覚えておいても損は無いんじゃないかと思います。はい。