DTM

読了まで:約3分


とは

  • Desktop Music の​略称。​DTP​(Desktop Publishing)を​もじって​名付けられた
  • ただし実際には​和製英語なので、​海外では​ DTM なんて​使われてないので​注意
  • ちなみに​私 ​(nyarla)が​挑戦しようと​しては​放置している​事柄の​一つ

DTM へ​投資する​前に​知って​おきたかった​こと

DTM を​本当に​続けられるか

現在の​環境では​無償でも​本格的に​使える​ [[DAW]] は​そこそこある​ため、

DTM で​曲作りしたい!​ DAW とか​買うぞ!

と​なった​時には、​無償の​ DAW などである​程度 DTM への​入門を​して​おき、​ そこから​不満が​出たら​有償の​ DAW を​買う、と​いう​様に​した方が​良いと​思います。

と​言うのも、​これを​せずに​ DTM を​初めようと​ DAW を​買ってしまうと、

DAW を​使いこなせなくて​ DTM 活動が​続かずに​終わる

と​言うのに​遭遇し易くなる​ため、​本当に​ DTM 活動が​続けられるか、​ と​言うのを​見極めてから​初期投資した方が​良いです。​ そうでないと、​私みたく​ [[FL Studio]] を​ 2010 年頃から​宝の​持ち腐れする​ハメに​なったりします。

英語は​読めるか

これは​ FL Studio だと​特に​そうだったんですが、​ 世の​中の​音楽作成ソフトウェアは​日本製でもない​限り英語圏が​メイン環境であり、​ また​音源プラグインも​英語圏で​安く​売ってたりするんで、​英語は​本当に​読めた方が​良いです。

と​いうか、​マニュアルが​英語とか​ザラに​あるし、​ また​ DTM で​使う​機材も​英語が​メインの​モノとか​結構​あるので、​ マジで​英語が​読めないと​ツラい事に​なります。​なので​英語は​重要です。

ちなみに​私は​プログラミングを​やっていた​関係も​あり、​10 年ぐらい​英語を​読まざる​得ない​環境に​いたら、​ 自然と​英語は​読める​様に​なりました。​ただし発声とか​会話は​ダメダメですが。

有償の​追加プラグインは​ある​程度、​曲が​作れる​様に​なってから​買う​こと

最後に​これ。

実際の​ところ、​今でも​たまに​安売りしている​音源を​買ってしまう​ことは​あるのですが、​ DTM で​使う​追加音源の​類いは、​ある​程度​曲作りが​出来る​様に​なってから​買わないと、​ これも​ DAW と​同じで、

追加音源を​活用できずに​死蔵する

と​いう​ことが​起き易くなります。

……と​いうか本当に​安いからと​行って​衝動買いするのは​止めた方が​良いんですが、​ 自分は​未だに​なんちゃって​ DTMer から​抜け出せずに​安売りプラグインを​買って​たりします……

ちなみに

実は​ DTM を​本格的に​すると​いう​場合には、​ iPad Pro などで​音源揃えていった方が、​ トータルと​しては​安い​コストで​環境が​作れたりします。

また、​次期 iPad OS ​(iPad での​ iOS 13 に​相当)では、​ 一応アクセサビリティの​一環と​して​マウスが​使える​様に​なるらしいので、​ そういった​意味でも​ iPad で​ DAW とか​揃えた方が、​環境と​しては​良いかもしれません。

ただし、​iPad で​ DTM を​本格的にしようと​すると、​DTM で​使う​ Audio Interface や​ MIDI Keyboard 、​ あるいは​ MIDI Pad の​接続で​結構​面倒が​起きがちで、​かつセルフパワーの​ USB Hub とか​必要に​なりそうっぽいですが。

アバターアイコン兼ロゴ

にゃるら(カラクリスタ)

『輝かしい青春』なんて失かった人。次に備えて待機中。

今は趣味でプログラミングをして生活しています。