海賊版サイトブロッキング

とりあえず、思い付いたままに試案を書いてみる。

現状のブロッキング議論 で出た 問題点

ISPに頼らないブロッキングを考える

  • 基本、ISP が通信内容を触るとアウトになるので、インターネット閲覧端末側で対処させるのはどうか?
  • つまり、 _ 閲覧を前提_ とした インターネット端末 には、任意の フィルタリングソフトウェア の導入義務化を行う
  • _ ブロッキングの対象となる Webサイトの URL_ は、 _ ブロック推奨_ という形で出し、テキスト形式で提供する

フィルタリングソフトウェア** の 導入義務化 のメリット・デメリット

メリット

  • ISP は通信の内容を触らないので、憲法が禁じる 検閲 には当たらない
  • ブロッキング対象 の URL は、一応は一時的なブロック解除で中身を確認出来るので、 _ [事後検証_ も可能]
  • ブロッキングを行う フィルタリングソフトウェア の選択が可能なので、基本的にはどの OSプラットフォームでも利用可能

デメリット

  • インターネットの利用者 側で フィルタリング を行うので、こっそり フィルタリング を外す、みたいな事が起きる
  • ブロック推奨 URL がテキストで提供される場合、あえてそこへアクセスする、と言う様な場合も考えられる
  • どちらにせよ、モラル意識が低いインターネット利用者の側では海賊版サイトへのアクセスなどが起き得る

上記デメリットへの対策

  • フィルタリングの利用の解除は、 正当な理由 なく行なった場合、 罰金過料 などの 罰則 を付ける
  • また、悪質な海賊版サイトを見付けた場合、ブラックリストの配信元への報告を努力義務とする
  • それと、基本的な部分として、学校教育などで著作権侵害や他のインターネットに付随するトラブル対策などを教育する

以下、雑感

  • カドンゴ さん( 川上量生 氏)は、ISP側でのブロッキングに拘ってるけど、 出口規制 よりも 入口規制 の方が穏当なのでは感
  • 今回の私案みたく、端末側でのフィルタリング義務化の方が、ISP側で通信を触るよりも反発が少なく受け入れられると思う
  • ……と、今回考えて思ったんだけど、なんで カドンゴ さんが ISPブロッキングに拘ってゴリ押しするののかが謎
  • と言うか、ブロッキングに拘るとしても、もうちょっと柔軟にモノを考えても良いと思うんだけどナー

nyarla が大体ぐらいに記述