山口貴士弁護士が MeToo 行動を無条件に肯定しない理由に対する推測

読了まで:約2分


山口弁護士の​ Twitter を​読んで​たら​なんとなく​分かったので​メモ。

ちなみに​話の​内容と​しては、​この​辺りの​話:

追記​(2018-12-07)

山口弁護士から​意見​表明が​出た。​おおよそ、​基礎に​なっている​考え方は​ここで​書いた​ことと​合っているっぽい​:


た​ぶん、​山口弁護士が​ MeToo 行動への​無条件な​肯定を​しない​理由は、

  • MeToo 告発した​側の​主張だけを​信じる​事 は、​ 悪意ある​ 偽 MeToo 告発を​見抜けない​事に​繋がる
  • 悪意ある​偽告発を​見抜けない​事 は、​ 悪意に​よって​加害者扱いされた​人への​冤罪被害に​繋がる
  • そして​これれは​ 痴漢冤罪などで​散々​問題に​なって​来た​冤罪被害への​軽視と​なる

と​言った​辺りだと​自分は​思います。

つまり​彼は、​ MeToo が​付いているからと​言って​なんでも​かんでも​信じる​ と​ 冤罪事件や​スマイリーキクチ氏への​誹謗中傷事件 の​様な​ 別の​人権被害への​問題に​繋がる と​考えているから​こそ、​ 件の​ジェンダー法学会での​出来事へ​批判的なんでしょう。

で、​これが​ 人と​して​正しいとか​正しくない​ とかに​ついては​ 各位判断が​分かれる​ ところだと​思いますが、​少なくとも、

ある​人の​被害告発 が​ 本当の​事実であるか​どうか、​常に​見極め、​それを​憶測で​信じ込まない

と​言う​性質に​ついては、​ 刑事事件の​弁護も​担当する​弁護士と​しては​持っていて​当然の​性質 だと​思います。


ちなみに。

個人的には​山口弁護士の​件の​案件への​批判は​ 人情的には​冷たく​感じるよなー と​思う​ものの、​ かと​いって​ 一方​的な​話を​無条件に​信じ込むのは​弁護士と​して​資質に​欠けるよなー と​感じるので、​ まぁ​この​辺りは​バランスの​取り方​難しいよなーと​思ってます。

あと、

MeToo が​付いていれば、​なんでも​真実であると​思い込む

と​言うのは​ 悪意ある​虚偽の​告発 が​ 見過される​ 事へと​繋がり、​ それが​別の​問題​(冤罪とか​無実の​誹謗中傷とか)を​引き起すことにもなってくると​思うので、​ その​辺り 過度に​信じ込まず​裏取りするって​いうのは​大事 なんじゃないかな、と​思います。​ 少なくとも​弁護士とか​やっている方であればね。

アバターアイコン兼ロゴ

にゃるら(カラクリスタ)

『輝かしい青春』なんて失かった人。次に備えて待機中。

今は趣味でプログラミングをして生活しています。