カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

Vim の Plugin 管理を vim-plug ベースに戻した

と言う話。


僕は以前、NixOS を使い出した辺りから vim の plugin 管理は NixOS 側 (正確には nixpkgs) で管理していたんですが、 Windows とか macOS 等のシステムが nixpkgs で管理されてない環境で、 nixpkgs とそれらの環境用の plug.vim の二重管理になってたんですが、

まぁ、正直二重管理は面倒だよね

って事で、vim の plugin に関しては、nixpkgs 側から vim-plug 側に戻しました。

で、まぁそれはそれで良かったんだけど、NixOS (nixpkgs) だと、

  • スクリプト言語で書かれていて、かつパッケージが提供されてないツール

のシステムへのインストールがめっちゃ面倒で、この辺り、どうしたモノかなーとか考えています。

と言うのも、NixOS ってシステムのパスがかなり特殊で、フツーのファイルツリー構造を想定したソフトウェアとか、 パッチ当てたり、あるいは configure フラグ弄ったりしないと、そもそもコンパイル出来ない場合も結構有るので、 まぁスクリプト言語を $HOME 以下でコンパイルして……っていうのが、中々し辛いんですよね。

まー default.nix の設定でフツーのファイルツリーを用意して……言うのも出来なくは無いんですが、 まあそれもそれで色々と面倒……というか、今一つやり方が判ってない部分も有るので、 本当、この辺りどうしたもんかなぁ、と思ってます。はい。