カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

Bitcoin はオモチャだが、Blockchain はオモチャではない

昨日、お風呂に入っている時、なんとなく

マシンリソースを無駄遣いしない CryptoCurrency とか作れないかなー

という事に思いを馳せていて、色々な事を悶々と考えていたのですが、その時に、

あれ? Blockchain って Bitcoin 的な要素を抜けば、割と実用可能なんじゃ?

と思ったので、今日はその辺り書きます。

Blockchain を Blockchain たらしめるモノ

Bitcoin については毀誉褒貶が有って、僕も Bitcoin そのものを現実社会に適用するには無理が有るだろう、 と思っていたクチなんですが、その Bitcoin そのものを現実社会に適用するには無理が有る と考えていた理由については、 おおよそ、次の通りだったりします:

  1. トランザクションの処理速度が遅い
  2. 価格が安定していない
  3. 詐欺とかが山の様にある

それで、(1) については Bitcoin のシステム上の仕様の問題、(2) と (3) については Bitcoin を取り巻く環境 (ecosystem) の問題、 という感じなんですが、これらについての問題を引き起こさずに Bitcoin 的な技術を現実社会に取り込もうとすると、これは、

Bitcoin から 純粋な Blockchain 技術を抜き出して利用する

という方法しかないだろう、と僕は考えています。

そして、

では 純粋な Blockchain が持つ 特長とは何か?

と考えた時に、僕は、

  1. 公開された 分散台帳である事
  2. すべてのトランザクションに電子署名が付いている
  3. 過去のトランザクションログ について、確実な検証が可能である

と言う 3点が 純粋な Blockchain の持つ特長だ、と考えていて、これらを満す Blockchain であれば、 Bitcoin などに代表される CryptoCurrency が利用している P2P Networking を用いずとも、 Blockchain を Blockchain たらしめる事が出来る、と考えています。

Proof of Works を用いない Blockchain

それで話は最初に戻るんですが、 Bitcoin を現実社会で利用しようとした時、技術的な問題点 として、

トランンザクションの処理速度が遅い

という問題が有る、と僕は述べました。

そして、これをなんとかしようと思うと、現実的には、

Proof of Works と言う、 特定のハッシュ値を求めるの総当り の使用を 取り止める

という手段しかない、と僕は考えているのですが、そもそも、

なぜ Proof of Works という仕組み必要 なのか

と考えると、これは、

過去の Blockchain の改竄を防ぐ ため

という目的が有ります。

無論 Proof of Works には Bitcoin 等で、 Mining (採掘) というゲーム的な要素を成立させるための側面も有るには有りますが、 これらは Blockchain 技術には直接は関係ないため、ここでは考えないモノとし、その上で、

過去の Blockchain を改竄させないためProof of Works を用いない

と言う技術決定を行った場合に、 どの様な手段が取れるか 、と考えると、 現実にはいくつかの手段が取れるかと思うのですが、僕が思い付いたのは、

個々の口座 に対して Blockchain を割り当て 、それらを 相互参照 させる

という方法です。

これは、基本的な考え方については、

自分が影響を及ぼせない第三者 に、自身の Blockchain 口座のログを記録させる

と言う、

第三者に証言させれば良いじゃない!

と言った感じのモノで、具体的な実装についてはもうちょっと仕様を詰める必要があるとは思うんですが、 基本的には、自身の口座に対する Blockchain と、相手側の口座に対する Blockchain矛盾出来ない様に仕組み 、 それを ネットワーク等で共有する等して 全体として整合性を保つ様にする 、という様なイメージです。

Blockchain の現実社会への適用例について

僕は少なくとも、 純粋な Blockchain については、それを紙幣や銀行口座、あるいは登記記録に応用する事によって、 次の事が現実に可能になると考えています:

  • 所得や収益の正確な把握
  • 正確な課税や脱税の防止
  • 土地所有権等の確実な登記

そして、さらに Ethereum 等に代表される スマートコントラクト (プログラムで実装された契約内容等の表現) を持ち込む事によって、 下記の要素も実現可能である、と僕は思います:

  • 所得等への課税の確実な自動化
  • 相続などの課税額の自動計算
  • 確定申告などの所得申請の自動化

ただ、僕は、こういった様々な利用の可能性が有る、と考えている 純粋な Blockchain 技術 ですが、 現実問題としては、これらのメリットを現実に実現させようと思うと、今の社会制度からのマイグレーション (移行) が大変だろう な、 と思う所もあるし、また、これらの 資産や所有に関するすべての情報 が、 国や地方自治体、あるいは一企業などに握られてしまったりする と、 それはそれでディストピア なんじゃね? と思わないでもないので、まぁ現実には その辺りのバランスも取る必要が有る のではないかな、 と僕は思います。はい。

以上

ま、とりあえず以上が、昨日、お風呂に入っている時に思いついた、モヤっとした内容を具体的に書下したモノになります。

まぁ、本当は昨日の時点で書きたかったのですが、これを書こうとした時は、既に眠くて気力が無い状態だったので、 昨日は雑な日記を書いて、今日、日を新ためて、今回の内容を書いた次第です。

そして僕自身としては、Bitcoin 等の既存の CryptoCurrency そのものを現実社会に組込むのは、 あまり現実的ではないよなー、と思うものの、Bitcoin 等の根幹技術の一つである、Blockchain 技術だけを取り出して利用するのであれば、 社会や制度を効率化するために利用出来るんじゃないかなーとか思っています。はい。

という事で今回は以上です。