カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

そもそもクリエーションに絶対的価値なんてない

というより、この世のすべてに絶対的価値なんてない。

こういう価値観は仏教的価値観かもしれないけれど、 そもそもにおいて、この世のすべてに、

  • 絶対的価値

というモノは、存在し得ない

これはお金とか株式とか債券とか貴金属とかなんでもそうだけど、 そういった類いのモノに、価値があるだの無いだのという話は、 多数の人間が「価値」というモノを見いだしている共同幻想みたいなモノである、 と僕は思う。

つか、モノの「価値」なんて言うモノは、個人個人が勝手に、

  • それには「価値」が有る

という認識をしているだけであって、 それ以上のモノでも、それ以下のモノでもない。

クリエイターは自分がビジネスしてるって自覚はある?

んで次。

某家入氏の未払い問題でも多分そうだと思うんだけど、 クリエイターのクリエイションに、価値を見いださない、 という人はそれなりにいる、と僕は思う。

まあ某家入氏の問題は、契約不履行とか支払金未払いとか、 そういったビジネス上での金銭トラブルの類いではあるけれど、 基本、クリエイターでない人に、クリエーションのコストだの価値だのを認めろ、 って言っても、あんまりピンと来ない話でしかない。

というか、僕が思うに、そういった契約不履行とか支払金未払いとかの問題は、 相手側に問題があるのは当然として、そういった問題を起こす取引先を選んでしまった、 という点でクリエイター側の問題だと思ってる。

つかね。何でもそうだけど、クリエーションの価値やコストについては、 それを実際に行うクリエイターにしか分からない話であって、 取引先がそれを察して汲み取ってくれる、なんてうまい話はこの世にはない。

だからこそ、交渉力とかが必要となってくるんだけれども、 基本的にクリエイションを業として行う、ということは、 それはクリエイションをビジネスとして行う、ということであって、 それはすなわち、自分達の行為や成果を、相手に「価値」がある、と認めさせ、 かつ「対価」を確実に回収する、という「事業」である、 ということがいえると思う。

まあその辺りに近いことは、

という記事で前にも書いたことではあるけれど。

クリエーションの価値は自分でつり上げろ

つか僕が前々から思ってるコトだけど、クリエイターが、

  • 自分達のクリエーションに価値を認めてくれない!

だとか、

  • 自分達のクリエーションが安く買い叩かれている!

とか言って、そういうクリエーション軽視した所を叩いてる人が結構いるけど、 んなもん、自分たちが相手に価値を認めさせられるほど、 実力が無い、って話なだけだろう、と僕は思う。

つか、クリエイター業に関して、仕事がないから仕事先を選べない、 というのは、ベンチャーやスタートアップで言えば、 それは自分たちのビジネスプランが、馬のクソだった、というような類いの話で、 相手方を叩いたりしても、何も解決しないし、 むしろそういった叩いてるだけで自己満足してるだけどしたら、 ああ、こいつらは口だけの無能ね、という風に思われるのがオチだと僕は思う。

つまり、何が言いたいのか、というと、

  1. クリエイションの価値とコストは、本人にしか分からない
  2. クリエイションの対価は、自分たちで交渉しなければ買い叩かれる
  3. クリエイションの価値は自分でつり上げろ!

という感じです。

おわり

まあ前から思ってる話ではあるけど、職業はクリエイターです、 っていう人の内、半分趣味でやってるような人って、 この辺りの現実が見えてないんじゃないかなーと僕は思う。

つか僕が思うに、

俺のクリエーションに価値を認めろ!

というのは、ただ叫んだところで実現されるわけでもないし、 また、よりにもよってビジネスの現場でこういうコトしてるのは、 もうアホか、というより、お前自分のビジネスのケツも拭けんのか、 と僕は思ってしまう。

だから僕は、前に無貌断片で書いた記事、

でも言ったように、クリエーションで食っていきたいな、 と思ってる人は、そう思ってる思いが強ければ強いほど、 ビジネスマンとして、クリエーションをビジネスモデルとした起業家としての、 覚悟なり、経営戦略が必要なのではないかな、と思います。


とりあえず今日ふと思ったコトは以上。

長いですね。これ。