カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

──最高に、ユヤタンだった。

asin-406218110X-detail


だいぶ前に買って、ちまちまちまちま読んでいたんだけど、 今日、残りの未読部分を一気に読んでようやく読了した。

なんか内容としては、 以前にどっかの文芸雑誌で連載していた企画のまとめらしいんだけど、 なんて言うか、その、とってもユヤタンです。


僕の場合、ユヤタンこと佐藤友哉先生の著作に関しては、 どっちかっていうと小説よりコラムの方が好きです。

んで、確か出す出す詐欺のファウストのコラムで、

こんにちま!

いつも心にデフレスパイラル、悪い意味でお口が恋人、 佐藤友哉(??)です。

というフレーズがあって、 これを超気に入って自分のブログ等でパロディで使いまくってて、 佐藤先生に足を向けて寝られない! どっちの方向に住んでるかは知らんけど! という感じでもあります。


そんな感じで僕はユヤタン先生のキャラが結構好きなんですが、 今回買って読み終わった、

は、ユヤタン節前回で、ユヤタンコラム大好き人間としては、 かなりのユヤタン分を補給できました。 いやぁ、ユヤタン分って、たまに、こう、取りたくなるときってあるよね? ね?


ちなみにユヤタン先生の著書に読み始めるであれば、

  1. asin-410134552X-title
  2. asin-4101345538-title

辺りがオススメです。

特にバックベアード小説に関しては、 滅多なコトでは「これは傑作だ!」と思わない僕が、

これは本当に傑作を読んでしまった

と感じた一冊なので、ユヤタン初心者にオヌヌメ。

ちなみに講談社から出てる鏡家サーガはまだ良いとして、 クリスマステロルとかは、なんて言うんだろう、 抑圧されたユヤタンと怨嗟と怨念がこもっているので、 ユヤラーじゃない限りは読んでも楽しめないかも、と僕は思う。


とりあえず本書でユヤタン先生は青春汁が尽きたとか言ってたんだけど、 相も変わらずユヤタン汁全開だったので、 その点ではユヤタン先生はやっぱりユヤタン先生だった、 という感じでした。

いや本当、ユヤタン先生、好きです。