カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

Kyoto Tycoonをcheckinstallを使ってインスコしてみた

概要: Linux Mint 10にKyoto Tycoonをcheckinstall使ってインスコしてみた


今日Web Applicationのアイディアが浮かんで、 それ実現するためのデータサーバにKyoto Tycoon使うといいんじゃね? と思ったので、まあテストも兼ねてKyoto Tycoonをインストールしてみました。

で、Kyoto Tycoonはtar ballからしかインスコできないのですが、 tar ballからインスコするソフトウェアを何とかしてパッケージマネージャで管理できないか、 ということで色々検索した所、checkinstallというベストマッチなApplicationがあったので、 今回はそれを使ってインスコしてみました。

準備

  1. checkinstallをインスコする
  2. zlibの開発ライブラリをインスコする(Kyoto Cabinet、Kyoto Tycoonに必要)
  3. luaの開発ライブラリをインスコする(Kyoto Tycoonのlua拡張を使うのに必要)

Kyoto Cabinetをインスコする

$ wget http://fallabs.com/kyotocabinet/pkg/kyotocabinet-1.2.52.tar.gz
$ tar zxvf kyotocabinet-1.2.52.tar.gz
$ cd kyotocabinet-1.2.52
$ ./configure
$ make

で、ここで普通だとmake installしますが、今回はcheckinstallを使うので、

$ sudo checkinstall

します。

で、sudo checkinstallすると、ウィザード形式で処理が進むので、それに従って作業する。

で、僕の環境の場合には、何が悪いのか/usr/local/share/docが云々というエラーが出たので、 とりあえず端末上で、

$ sudo mkdir -p /usr/local/share/doc

してからcheckinstallを実行しました。

で、checkinstallの作業がうまくいくと、インストールできたよ!的なメッセージがでます。

Kyoto Tycoonをインスコする

$ wget http://fallabs.com/kyototycoon/pkg/kyototycoon-0.9.40.tar.gz
$ tar zxvf kyototycoon-0.9.40.tar.gz
$ cd kyototycoon-0.9.40
$ ./configure --with-kc=/usr/local --enable-lua
$ make
$ sudo checkinstall

以上で終了

とりあえずインストール作業は以上。 Kyoto Tycoonは依存ライブラリ等がかなり少ないので、結構すんなりとインストールできました。

で、まあ作業は以上っていうか、今日の時点ではインストールしただけなので、 使い方等については、とりあえずまた後日調べる予定です。

まあ、本日は以上。おつかれさまでした。