カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

Ubuntu 10.10からLinux Mint 10に乗り換えた

概要: Ubuntu 10.10からLinux Mint 10に乗り換え


最近というよりだいぶ前から、僕の環境のUbuntu 10.10が、 プチフリというか、

  1. 何かの拍子で固まる
  2. しばらく放置で復活

というのを毎日のようにくり返していて、こりゃなんか変なもんでも食ったかな、と思って、

  1. OSを再インストールすっか
  2. そうだ!Linux Mint 10を使ってみよう!

ということで、Linux Mintをインストールしてみました。

で、今日は、インストールの仕方はおいといて、環境構築とか、 インストールする際に使ったUNetbootinとかについてメモってみる

UNetbootinを使ったインストール

まず、今回はLinux Mintをインストールするのに、DVDのISOイメージを焼くのがめんどかったんで、 UNetbootinを使ってLive USBを作成して、 そこからインストールしました。だだしWindows版で

なんでWindows版使ったか、っていうと、UNetbootinにはLinux版もあるんだけど、 僕の環境のUbuntuではUSBメモリ刺してもなんか認識しなかったし、 注意深く使えっていう警告が書いてあったチェックボックスをONにすると一応USBメモリが見えるっぽいんだけど、 どのデバイスがUSBなのかさっぱりわかんないです(><;)という状態になったので、 めんどくせー! ということでWindows版使いました。

で、詳しい使い方は面倒なんで説明は省略しますが、大体の使い方は、

  1. Linux Mint の DVDのISOを落としてくる
  2. UNetbootinを落としてくる
  3. Unetbootinを起動して、ISOと書き込み先のUSBメモリを指定
  4. 実行

という感じ。まあこれぐらいのことはLinuxをインスコしようとしてる人なら、 誰でもできるかと思ういます。というか、これすらわかんなかったらLinux使うのはオススメしない。

で、この作業をするときちょっとトラブったんですが、 実は今回使ったUSBメモリは、以前Mac関連のハックをしていたときにGPTでフォーマットしていて、 これをWindows側でフォーマットせずに、UNetbootinを実行したところ、 どういうわけか処理が一瞬で終わっで、早えぇぇとか思いながらbootさせようとしたらエラー吹いて終わった\(^o^)/ ということがありました。で、とりあえずWindows側でFAT32でフォーマットしたら問題なくいけたけど。

で、あともうひとつ問題があって、セキュリティソフトのAvira Antivirを起動した状態で作業してたら、 なんかautorun.inf関連の処理かなんかでブロックされてしまったので、 アンチウィスルは止めてから作業したほうがいいかもしれません。

で、そんなこんなでトラブルがあったのものの、とりあえずLive USBはできたので、 BIOSの設定をいじってbootさせて、インストール作業をしましたとさ。

Linux Mintの画面表示では、グラボのモニタをつないでるportに注意

で、インストール作業は割とすんなりおわったんですよ。

んで、その後Dual bootしてあるWindows XPが起動するか確認して、 大丈夫だ、問題ない。という結果だったので、さあLinux Mintを起動! としたら、なぜかgrubのあとモニタの信号が切れて、displayが映らない><; 一応ログインサウンドは鳴るんだけど><; という事態に陥りました。

で、ウソダドンドコドーンとか思いつつ、Windows使って検索しまくったところ、 どこだったかは忘れたんだけど、海外のフォーラムで、似たような状態になってる人をハッケソ、 で、どうも自己解決したとか書いてあって、それをよく見ると、 なんかモニタをつないでるグラボのport変更したら映ったよーとか書いてあったので、 試しにモニタをつないでるportを変更したら、あっさりと表示されましたとさ。

まあよくわからんのだけれども、Linux MintはUbuntuと違い、 すべての接続ポートに画面を出力してないのかなーと思う次第です。はい。

QNAPの共有フォルダをautofsを使ってマウントしようとしたときにハマったこと

で、とりあえずトラブルも解決して、環境を再構築だ! ということで、作業してたんです。

んで、僕の場合、開発中のソースコードとか、今までに築き上げてきたおぞましいゴミ、 じゃない、輝かしい過去の記録とかは全部QNAPに移してあって、 QNAPの共有フォルダをマウントすれば、あとは以前の環境は引き継ぎ終了! って感じだったので、 以前QNAPを導入したときにやったautofsを使ったnfs共有フォルダのマウント作業をしてたんです。

ところがどっこい、どういうわけかマウントできない。なぜだ! という状態になって、 多分3時間ぐらい格闘してたでしょうか。 にっちもさっちも行かなくなって、 とりえあえずautofsを一旦削除。それから、もう一度一から情報も調べなおしてやり直し、ということをしてました。

で、その時QNAP autofsで検索して三番目に出てきたページ

というページで、nfsをマウントする際のオプションに、

-fstype=nfs,rw,hard,intr,nosuid

というのが指定してあったので、とりあえず、自分のところの設定を、

share   -fstype=nfs,rw,hard,intr,nosuid 192.168.11.13:/share/share
backu@  -fstype=nfs,rw,hard,intr,nosuid 192.168.11.13:/share/backup
windows -fstype=nfs,rw,hard,intr,nosuid 192.168.11.13:/share/windows
ubuntu  -fstype=nfs,rw,hard,intr,nosuid 192.168.11.13:/share/ubuntu

と、したところ、何がどうなってうまくいったのかはわかりませんが、 とりあえずマウントが成功したので、今はその設定で動かしてます。

以上で、トラブル関連のメモは終わり。以下Linux Mintを常用してみた感想

ぶっちゃけると起動時間の速さというか短さは、Ubuntu 10.10の方に分があるような気がしますが、 それ以外のところではあんまり変わった感じはしません。というか、設定項目等、 Applicationにはアクセスしやすくなってるので、その分使い安いかもなーと思います。

今はまだ前回と同じような環境を構築するに至ってないというか、要するにまだ途中なので、アレですが、 とりあえずのところUbuntuを使っていた人であれば、問題なく使いこなせるのではないかと思います。

で、あと以前のLinux Mintは日本語環境はちょっと作業しないとダメっぽかったんですが、 今のLinux Mintはそういう作業をしなくても、問題なく日本語環境が利用できました。 なんでPCにはなれてるけど、Linuxは初心者だわって人でも問題なく使えるかと思います。

まあ、Linux Mintについてはそんな感じです。

というわけで、Linux Mintに乗り換えて、色々トラブったりしてたって話でした。