カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

Ubuntu 10.10でMac風のアプリケーションメニューバーを実現する方法

概要: Ubuntu 10.10でMac風アプリケーションメニューバーを実現する


今日のTwitterでつぶやいていましたが、今日VMware PlayerにUbuntuを突っ込んでMacbuntuという Ubuntuの見た目をMac風にしてくれるインストーラーを試していました。

で、見た目がなんちゃってMac風になったけど、使い慣れた今の環境に導入するにはちょっと微妙という感じで、 とりあえず自分でMac風なGUI環境を作れないかということで、いろいろやってたんですが、 今日はそのカスタマイズの中で、Mac OS X一番の特徴である、 画面上部のアプリケーションメニュバーを実現する方法を紹介したいと思います。

0. 参考にしたページ

1. 必要なSoftwareの導入

上記のページに英語でおもいっきり書かれてますが、 Mac風アプリケーションメニューバーを実現するには、 下記のSoftwareを導入します。

$ sudo apt-get install appmenu-gtk libqtgui4 indicator-applet-appmenu indicator-appmenu

2. 再起動、あるいは再ログイン

とりあえず、上記のソフトウェアを導入し終わったら、 OSを再起動するか、あるいは再ログインしてください。 そうでないと、なんかGnome Panelがindicator-applet-appmenuを認識してくれません。

3. Gnomeのパネルにアプリケーションメニュバーを追加する

  1. Gnomeのパネルを右クリックしてパネルへ追加(A)...をクリック
  2. パネルの追加画面が出たら、インジケーターアプケット・アプリメニューを追加
  3. パネルの任意の場所にアプリメニューを移動して調整します
  4. 以上で終わり

4. 実際に使ってみる

以上の作業が終え、アプリケーション、例えばgedit等を起動すると、 アプリケーションのメニューが、先程追加したアプリメニュー アプレットに表示されます。

ということで、以上で作業は終了です

5. おわり

ということで以上がMac風のアプリケーションメニューを実現する方法でした。 やり方さえわかってしまえばかなり簡単なので、 Mac風メニューバーを実現してみたい方は試してみたらいいと思います。

で、あと僕はこれにdockyを足して、なんちゃってMac風にしてます。 ただGTKやMetacityのthemeがUbuntuデフォルトの白っぽいやつなんで、 カナーリ微妙な感じになってますが>< まあ気に入るThemeがなかなかないんで微妙な感じです。

というわけでまあ、Mac風アプリケーションメニューバーUbuntuで実現する方法でした。