カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

QNAP TS-210一式イヤッッホォォォオオォオウ

概要: QNAP TS-210とその一式をイヤッッホォォォオオォオウ(ガタン


まあ、記事を書くのが今更になっちまいましたが、先月1/18日に、

つくもたんのネットショップでイヤッッホォォォオオォオウ(ガタンしてました。

で、その際にI-O DATAの8port LAN HUBも一緒に買ったんですが、 最初に買ったLAN HUBは、

Gigabit対応じゃない><

ということが商品到着後発覚し、入っててよかった交換保証! を使って、

  1. とりあえず交換を依頼
  2. 返信が来る->未開封なら返品でもいいよ!
  3. じゃあ返品します!->商品を返送
  4. 受け取りました->再決算処理しますた

という流れで返品云々してたので、QNAP TS-210を買ってすぐには組み立てられなかったという

それで、いつぞやに商品をつくもたんに返送したあと、近くの電気屋で

を買って、その後QNAPを組み立てて云々してました。

で、QNAP TS-210を購入した感想を。

まず、組み立ては簡単だった。というか、シンプルな解説書みて、 HDDをマウントしてネジで止めるだけという。 ただ、ケーブルを差し込むときにちょっとばかし難儀しましたが。

それで次にセットアップ。

セットアップは実に簡単で、

  1. QNAP FinderでQNAPのIPを見つける
  2. QNAPのIPにWebアクセス
  3. Web basedなウィザード形式で、セットアップするだけ!

という感じでした。まあこれもすんなり行きました。

まああれだ、普段インターネットなれしてる人なら、簡単にできると思います。たぶん。

そして次に管理インターI-O DATAフェース。

僕はこれにびっくりしたんですが、なんとQNAPの管理Webインターフェースは、 Ajaxバリバリのストレスフリーなインターフェースでした。

設定も割とすぐ反映されるし、何よりレスポンスが待たされないのでかなり快適に使うことが出来てます。 あれだ、家にある牛さん無線LANルーターのWebインターフェースとは大違いだ><

んで、その他の機能の感想。

QNAPはなんと国内のNASとは違い、中身は完全なLinuxなので、

  • sshによるログイン
  • cronによるバッチ処理
  • その他Linuxでできることすべて

が、何の制限もなく自由に行うことができます。

まあ最低限しかいじってませんが、とりあえず僕はcronを使って、 一時間毎に外付けHDDにファイルをバックアップするようにしてあったりします。

あ、でもちょっと注意が必要なのは、QNAPについてるデフォルトのsshdは、 なぜかadmin (root)でしかログインできないので、普通のsshdが欲しい場合は、 QPKGでIPKGを導入して、そのIPKG経由でopensshいれて入れ替える必要があるみたいです。

まあ僕は面倒だったので、とりあえずQNAPのsshdをそのまま使ってます。

ああ、それと肝心のファイル共有機能について。

QNAPのファイル共有機能は、

  • Microsoftのファイル共有プロトコル
  • Appleのファイル共有プロトコル
  • UNIX系で利用されるNFS

にデフォルトで対応してるので、Windows XPとUbuntuのデュアルブートしてる僕の環境でも、 特に難なくファイル共有できました。またAppleの共有プロトコルにも対応していて、 さらにMacのTime Machineの保存先にも指定できるので、Macbook Airを買っても安心して利用できたりします。

最後に、動作音について。

QNAP TS-210にはFANがついてますが、これは普段そう全開では動いてないので、 動作音は結構静かです。まあHDDの駆動音がちょっと耳障りな時がありますが。

僕の場合、TS-210は寝室を兼ねてる自室においてあるので、 夜間は電源を切れるように、QNAPのスケジュール機能を用いて、電源を切ってます。

それじゃあ朝使いたい時はどうしてるの? と思われると思うんで書いておくと、 QNAPはなんと電源を入れるのもスケジュールでできるので、 僕の起床時間に合わせて電源を入れるようにしてあります。 で、朝遅くまで寝てると、電源入る音がして起こされるという。

まあ電源の自動on/offができるので、普段家にいないときは電源落としておきたい、 とかには問題なく対応できます。

という感じで、QNAP TS-210の感想はそんな感じです。

今のところ、僕はQNAPをバリカリカスタマイズして使う、みたいなことはしてないので、 使いこなしてるかどうかと言われると微妙ですが、まあ普段の生活で使う限りでは、 特に不自由することなく使えています。

まあでも大容量ファイルをバックアップするときは、ちょっとCPU足りないかな? と思うときはないわけじゃありませんが、相当の大容量ファイルでも無い限り、 問題にはならないと思います。まあLinuxとかのISOみたいな、1GBをゆうに超えるファイルばかり扱う場合には、 QNAP TS-210じゃなくて、もっと上位のQNAPを買ったほうがいいと思います。

まあ宣伝っぽくなってるんで切り上げますが、今回、 僕はQNAP TS-210にして正解だったなーとなんとなく思ってます。 駆動音は静かだし、設定はしやすいし、情報もあるし。

まあファイルサーバを導入しようかと考えている人は、一度QNAPを検討してみるといいかもしれません。

っつーわけで、QNAP TS-210を買った、という話でした。