カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

CrossOver Linuxを試用してみた

CrossOver Macがあるのは知ってたんだけど、 それのLinux版CrossOver Linuxなるものがあるのを今日知って、 おお、これは! と思ったので、今日なんとなく試してみた。

で、まずインスコするためにダウンロードするわけだけど、

にアクセスして、名前とメアドを入力。そうすると自動的にディストリを判別して、 そのディストリにあったファイルのリンクが表示されるので、そっからダウンロード。

で、ダウンロードが終わったら、さっさとインスコします。 ちなみに僕の環境Ubuntu 10.10 Japanese Remixなので、落としてきた.debファイルを、 Ubuntuソフトウェアセンター経由でインスコしました。

で、次にWindows Applicationのインスコ。

これは割と簡単で、Windowsだとスタートにあたるメニューに表示されるCrossOverから、 Windows アプリケーションをインストールを実行すればOK。 実際のやり方はまあ画面見てたらなんとなく把握できると思う。

それでインスコが終わったら、メニューのWindows アプリケーションから、 アプリケーションを実行すれば、なんとWindowsアプリケーションがLinuxで動きます!!!

というのが、CrossOver Linuxを使うまでの流れ。

で、実際に試してみた結果。

僕がまず動かしたかったのは、O's Editor 2で、 これはwineと比べるとかなりマシというか、ほぼ完璧っぽい表示だったものの、 肝心の日本語入力が文字化けして使い物にならず。これが動けば完璧なのにかなり残念。

で、次に試したのがiTunes。

とりあえずインストールは割とスムーズに終わったものの、 いざ実際に起動してみるとボロボロで、一部表示が形象崩壊していて使い物になりませんでした。 ……まあCrossOverのサイト自体に動かないYOとか書いてあったので、最初から期待はしてませんでしたが。

でまあ一応試したのはこれだけ。他にあんまり無いからね。動かしたいソフト。

で、残念ながら動かしたかったApplicationは動かなかったわけですが、 CrossOver Linuxはかなり使い易いと感じました。買ってもいいかな、と心動かされるぐらい。 値段も$39.95からと、そう高くはないので、まあ使いたいソフトウェアが動くんであれば、 一家に一台ぐらいあってもいいかな? という感じ。僕の場合、動かしたかったApplicationは動かなかったんで、 今のところ買うつもりはありませんが。

まあタダでWindows Applicationを動かしたい! という方はwine使えばいいでしょう。 で、その動かしたいSoftwareがwineで動かなくて、CrossOverで動く場合にのみ、 CrossOverの購入を検討する、というのが、まあそれなりの流れなんじゃないないかと思います。

っつーわけで、CrossOver Linuxを試してみたっていう話でした。