カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

Linux Mintを試してみた

概要: このあいたLubuntu試したばっかりじゃねぇか!?


昨日なんとなく、Linux Mintってマルチメディアに強いし、UbuntuベースだからUbuntuよりいいんじゃね? と思い立ち、今日色々とLinux Mintを試してみました。

で、試したのは

  • Linux Mint Standard edition
  • Linux Mint USA-Japan
  • Linux Mint LXDE

の三つ。

とりあえずどれもインストール手順や日本化などは一緒なので、 ここではStandard Editionのみの手順を紹介します

1. ISOイメージファイルのダウンロード

まず最初にLinux MintのISOファイルをダウンロードしてきます。

Downloadページから任意のISOをダウソしてきてください

2. VMware Playerのイメージを作成

で、次にVMware Playerのイメージを作成します。

細かい手順は省略しますが、VMware Playerのウィザードに従って、

  1. 仮想イメージ新規作成
  2. OSを後でインストール
  3. Linux -> Ubuntu
  4. イメージ名と保存場所を指定
  5. 仮想マシンの容量を設定
  6. 実行

という感じです。

最初OSのタイプを指定するときに迷ったのですが、 Linux MintはUbuntuベースのディストリービュージョンなので、 Ubuntuで問題ないだろうという感じで設定しました。

4. Linux Mintのインストール

で、VMware Player上のLinux Mint用のイメージに落としてきたISOをマウントして、 イメージを起動でISOをブートします。

でブートすると、待機画面というか、カウントダウンされるページになるのですが、 ここでF1を押すとgrubのメニューらしきものが出て、色々と選択できるようになります。

で、ここではOSをインストールするのが目的なのでメニューは無視するか、 メニューを出してInstallなんちゃらを選択してOSを起動させます。

んで起動が終わると、LiveCDのデスクトップ画面が出るのですが、 ここでデスクトップ上のInstall Linux Mint(だったけな……)をダブルクリックで実行します。

あとはまあウィザードをそって設定をして行けば、インストールできます。

でOSをインストールし終わったら、再起動はせずに、一旦シャットダウン->ISOをアンマウントで、 もう一回イメージを起動します。

5. Ubuntu Japanese Teamのリポジトリを追加する

で再起動が終わったら、今度は日本語環境を整えるため、 Ubuntuの日本語環境 | Ubuntu Japanese Teamにしたがって、 Ubuntu Japanese TeamのリポジトリをLinux Mintに追加します。

手順としては、上記リンクに書いてありますが、

$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/lucid.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
$ sudo aptitude update

という感じで作業しました。

6. Linux Mintのアップグレード

で、リポジトリの追加が終わったら、今度はOSのアップグレードを行います

これは好みなんですが、僕はターミナルで、

$ sudo aptitude safe-upgrade

しました。

これは結構時間がかかりますが、大体一時間もあれば終わるでしょう。

あとLinux Mintの場合、なんか設定ファイルが変更されてるんだけど、 新しいファイルで上書きする? みたいなことを聞かれるんですが、 これに関してはよく分からないので、とりあえずデフォルトのそのままにするを選択しました。

まあLinux Mintのupgradeはそれ以外特筆することはないです。

7. 言語サポートで日本語を選択

で、このままでは日本語が打てなかったりするので、 一旦マシンを再起動してから、言語サポートを起動して、 日本語の設定をします。

最初言語サポートを起動すると、足りないパッケージを追加しますか? みたいなことを聞かれるので、はいにして、足りないパッケ-ジを追加します。

で追加が終わると言語サポートのアプリケーションがいじれるようになるので、 あとは好みで設定します。

8. 以上終了。

というわけで以上でLinux Mintのインストールと設定は終了です。

ということで、Linux Mintの感想を。

Linux Mintはマルチメディアに強いと評判だけあって、 YouTubeも何も設定せずに見ることができました。 というより、LiveCD状態でフツーに閲覧できてます><

あとは他は試してないんですが、とりあえずUbuntu Japanese Teamのリポジトリを追加して日本語化すれば、 大抵の部分は日本語化されるんで、これも結構な利点かと思います。

まあUbuntuと比べると日本語化の面倒さはありますが、 マルチメディアに強いことを考えると、割と初心者向けなのかもしれません。

ちなみに。

僕は最初LXDEのやつを試したんですが、日本語化しても微妙に日本語化されてねーというか、 英語と日本語のまだら模様になっていました。

まあ英語はある程度読めるんで何とかはなりますが、個人的にまだら模様はイヤンということで、 低スペックマシンにインストールするとか以外では使わないかなーと思ったしだい。

まあ英語でもなんとかなるよ! って人はLXDE版使うと軽いんで幸せになるんじゃないでしょうか。

まあそれはいいとして。

Linux MintはUbuntuと比べると、マルチメディア関係に強いっぽいので、 Ubuntuのマルチメディア対応に不満のある方は、Linux Mintを試してみると、 意外といいかもしれません。