カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

VMware Player上にLubuntu 10.04をインストールしてみる

概要: Lubuntu 10.04を試してみる


今使ってるPCにはNAS買ってからUbuntu 10.04をインスコしようかなぁと目論んでたわけですが、 今日なんとなく、「軽いほうが良いし、lubuntuとかよさそうかなぁ」と思い至ったので、 事前のテストとしてVMware Playerにlubuntuをインストールしてみました。

1. ISOの準備

何はともあれISOがなけりゃ始まらないので、lubuntuのISOをdownloadしてきます。

で、最初lubuntuの公式サイトでISOを直接downloadしようとしたのですが、 全然速度が出ないため、torrentで落とす方法に変更、 んで、ぱっとみtorrentのありかが分からなかったので、 lubuntu torrentで検索、んで公式のtorrent配布ページが見つかったので、 そこからtorrentをdownload、であとはuTorrentを使ってdownloadしました。

2. VMwareの仮想マシンの作成

んで次にVMwareの仮想マシンを作ります。

面倒なので詳細な解説はしませんが、

  1. 仮想イメージ新規作成
  2. OSを後でインストール
  3. Linux -> Ubuntu
  4. イメージ名と保存場所を指定
  5. 仮想マシンの容量を設定
  6. 実行

という感じで設定しました。

で、その後ISOをマウントするように設定を変更、仮想マシンを起動します。

3. lubuntuのインストール

で、仮想マシンを起動するとlubuntuのISOがbootしてくるので、 最初の画面で日本語に設定、でinstall lubuntu(うろ覚え)を選択し、実行。

するとlubuntuを試用できるようになるので、デスクトップ上の、 lubuntuのインストール(これもうろ覚え)をダブルクリックで実行。

んで、ウィザードにしたがってlubuntuをインストールしていきます。

これは特筆することはないので詳細は省略。

5. パッケージのアップデート、および日本語環境の整備

んでインストールが終わったら、次にパッケージのアップデートと、 Ubuntuの日本語チームのリポジトリの追加を行います。

で、僕の場合、GUIからパッケージをupdateするのは面倒なので、 ターミナルを開いて、

$ sudo aptitude upgrade

を実行。んでアップデートが終了するのをまったりと待ちます。

そして次にUbuntu日本語チームのパッケージを追加します。

Ubuntu日本語チームのパッケージの追加については、Ubuntuの日本語環境 に書いてある作業をそのまま行いました。

一応書いておくと、

$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/lucid.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude upgrade

しただけです。

6. VMware Toolsのインストール

で、最後にVMware Toolsをインストールします。

これはVMware Playerのメニューから、仮想マシン->VMware Toolsのインストール で、VMware ToolsのISOをマウント、で、適当なディレクトリにアーカイブを解凍、 んでターミナルで解凍したディレクトリに移って、

$ sudo ./vmware-install.pl

を実行。あとはデフォルトのままでインストールしました。

7. 以上終了

というわけで以上lubutnuをVMware Playerにインストールしてみました。

lubuntuをちょっと使っただけなんで、具体的な感想まではいえませんが、 Ubuntuと比べて動作が軽快な感じがします。 あと、Ubuntuの良さである初心者に優しいのもそもままです。

まあ問題があるとすれば日本語化が行き届いてないというぐらいで、それ以外に困ったことはなさそうです。 まあでも正直なところ、Ubuntuをインストールした後に、lubuntu-desktopをインストールしてやったほうが簡単かも知れません。

まあ軽量さで言えばlubuntuの方が上だと思うんで、 古いマシンにインストールするときはlubuntuを選んでみてはどうでしょうか。