カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

VirtualBox in WinXPな環境でUbutnu 10.04をインスコした

今日なんとなく暇だったので、WinXP上のVirtualBoxにUbuntu 10.04をインスコしました。

VirtualBoxを動かすのは実に久しぶりで、ネットワークの設定でちょっとあれ、どうだったっけ? ってなったけど割りとすぐに解決。とりあえずは満足に動作させられるUbuntu環境が手に入りました。

まあまだほとんど何も入れないんですが、とりあえず、Tango系のテーマとアイコンを突っ込み、 Windowsで使ってる昔デスクトップカスタマイズにはまった時にネットを駆使して集めた ARISAKAフォントとか、MS Gothic Ex+とかを/usr/share/fonts以下にインスコ、 あとGoogle ChromeのLinux版をインスコするとかして、ある程度落ち着ける環境を作りました。 まあLucidで新しくなったルックアンドフィールを速攻で投げ捨ててるんでちょっとアレ。

あとフォントは昔取った杵柄というか、デスクトップカスタマイズに明け暮れていた厨房時代に、 クレクレスレに張り付いて集めていた代物です。 まあその張り付いてた時代から歯抜けがある上に、今となってはスレの存在を完全に忘れたたので、 今クレクレスレがどうなってるのか分かりません。 まあ多分クレクレ->うp->神->消えた->消すなカス->クレクレ->ループのサイクルを繰り返してるのでしょう。

それはまあいいとして、あとブラウザをGoogle Chromeにする前に、Chromium突っ込んでたりするんですが、 日本語化が一切されてないとかで使いづからったので、Google Chromeに乗り換えたという。 まあ最初debダウンロードできるのをすっかり忘れてたからChromium突っ込んだんだけどね><

まあ昔語りとかブラウザの話はおいといて、今日ちょっとはまったこと。

最初ネットワークがつながんねーとなっていたんだけど、 これはVirtualBoxの方の設定でネットワークの設定をNATにすれば解決した。

で、もう一つは、画面の描写に関することなんだけど、VirtualBoxの方でグラフィック関係のアクセレーターを有効にしていて、 かつ、Ubuntuの方で視覚効果が有効(確か通常の)になってるって条件で、Ubuntuのウィンドウ上にホストのアプリケーションやらが描写されると、 その部分が再描写されない、という現象に遭遇しました。

これはウィンドウ切り替えたときに、前の画面がそのまま残るとか言う状態になってて、 かなり不便だったんだけど、これはUbuntuの方で視覚効果を切ることによって解決しました。

以上ではまったことの話は終了。んで感想とか今後の予定でも。

とりあえずUbuntuの使い心地はまあまあ、零崎曲識風に言うなら「悪くない」まあこれはなれの問題かも。 で、本当はMac風メニュー構成にしたかったんだけど、GnomeでMac風メニューを実現するglobal-menuがLucidに対応してなかったっぽいので、 とりあえず現時点ではMac風メニューを断念したりしました。 で今日はもう疲れてきたのでやりませんが、あとはGnome Doとか、wineの実験とかしたいところです。

まあVirtualBox上のUbuntuは実験用環境なので、万が一おかしくなっても問題ナッシングなので、 気楽に変更が加えられていい感じです。実環境だとX起動しなくなった><とかだと検索しないと解決できないからね。

まあとりあえず楽しかったのでUbuntu 10.04入れて満足でした、という話でした。