カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

Amazon.co.jp専用の短縮URIサービス、「a.nyrlb.com」を作ってみました

概要: Amazon.co.jp専用のURI短縮サービスを作ってみた


追記:2011-03-21T17:58:15+09:00

昔に軽いノリで作ったサービスでしたが、最近はAmazonの公式っぽい短縮URIがあったり、 もはや自分でさえ使ってないので、リソースの無駄だということで削除しました。

とりあえず、いらない子にはグッバイ! ということで。

過去の内容

空前のURI短縮サービスブーム(なわけない)に則って、 Amazon.co.jp専用のURI短縮サービスを作ってみました。

http://a.nyrlb.com/ (削除済み)

使い方は簡単、リンクしたいASIN番号のprefixにhttp://a.nyrlb.com/をつけるだけ、 例えばASIN4061826816にリンクしたい場合にはhttp://a.nyrlb.com/4061826816にアクセスするだけです。 そうするともれなく僕のアソシエイトタグ付きのAmazonのページに飛びます。

またおまけ機能として、suffixにアソシエイトタグをつけると、 そのアソシエイトタグ付きのAmazonのページに飛ぶようになります。

例えばアソシエイトタグがnyarla-22だとすると、 さっきの例で言えばhttp://a.nyrlb.com/4061826816/nyarla-22にアクセスすればOKです。

まあこの辺りhttp://a.nyrlb.com/のドキュメントに書いてあるのでそっちを見てください。

あとそっちには書かなかった技術的な話や裏話を。

この短縮URIサービスなんですが、実際のところ、スクリプトは一切使ってません。 単純にmod_rewrite + 正規表現でリダイレクトしてるだけです。 なんで、このサービスはこれ以外の機能を持ちえません。

まあ最初はPSGIスクリプトでやろうかとも思ったんですが、 これだけのサービスにPerlインタプリタを起動して云々は負荷が高いだろうし、 mod_rewirteだけでできそうだからやっちゃえばいいんじゃね? ということで今の形になりました。

で、あと説明書きをHTMLで書くのが面倒だったんで、 Markdown形式のテキストファイルでささっと書いてしまいました。

あと、似たようなサービスとしてyusukebeさんが、 amz.ly (紹介記事)というのを作ってて、 正直二番煎じ!と思ってたんですが、なんか最近amz.lyはテンポってるみたいなので、 まあamz.lyの代わりになるかな(?)と思わなくもないです。

それとこのサービスなんですが、このBlogと無貌断片をホストしてる さくらインターネットのスタンダードプランで動かしてるため、 あんまりアクセスが多いと多分テンポって止まります。

んで、その状態が長く続き、このBlogや無貌断片やそのほかのサイトの運営に支障が生じるようであれば、 多分このサービスを削除するなりすると思います。 まあよっぽどのことが無い限り大丈夫だとは思いますが。

まあとりあえず作りたいから作った、反省はしない(キリッというサービスなんで、 良かったから使ってみてください。

それでは。enjoy !