カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

FL Studio 8徹底入門ガイドを通読中

概要: FL Studio 8 徹底入門ガイドを通読中


asin-4899772203-detail

  1. FL Studio をはじめよう!
  2. まずはループを作成してみよう!
  3. 「音」を加工しよう!
  4. プレイリストを活用しよう!
  5. オーディオデータを活用しよう!
  6. 音源モジュールとシンセサイザー
  7. 曲の書き出し&初音ミク・ACIDとの連携
  8. FL Studioをさらに使いたおす!
  9. バージョン8の注目機能

最近DTMを始めたいと思ってて、年明けにお年玉でFL Studioを買う予定をしているので、 FL Studioの予行練習を兼ねてFL Studio 8徹底入門ガイドを片手にデモ版で色々いじってたりする。

FL Studio 8徹底入門ガイドはFL Studioの本当に基本的な操作や、基本的な音源やエフェクトとかに書かれた参考書で、 これからFL Studioを使い始めるという人にはうってつけの本。で、今6章の辺りを通読中。

参考書片手にFL Studioをいじってみて思ったのは、FL Studio本体そのものはそんなにややこしいとは感じないんだけど、 FL Studioについてる音源とかエフェクトのパラメータの設定がややこしいように感じる。

多分説明で使われている用語の意味を知らないとか、どういった機能がどういう役割をしているのかとか、 そういったDTMの基本的なところをまだ理解しきってないから、ややこしく感じてしまうんだろうと思うんだけど、 大体そういうところが分かってくると、結構スムーズに機能を理解していけるんじゃないかと思う。

でまあいじってた感想なんだけど、音源のパラーメータとかエフェクトの設定とかトラックのプロパティとか、 そういった所をまだ理解しきってないから、その辺りまだ良くわからないんだけど、そういったことに目をつぶると、 結構直感的に操作できるんじゃないかなぁと思う。 少なくともステップシーケンサとかピアノロールとかプレイリストが分からないってことは無かったし。 まあプロパティの設定の意味とか良くわからないんだけどね。

あとヘルプが英語なので、ちょっととっつきにくいかなぁと思うんだけど、 まあこれは日本版のFL Stduio買えばなんとかなるかなぁという感じ。 なんだけど日本版買うと結構高くつくんだよなぁ。

ちなみに円とドルのレートにもよるけど、フックアップが販売してる日本版(日本語版にあらず)買うよりも、 Image-lineのWeb Shopでダウンロード購入した方が安く付くんだよね。 日本版買うと永久アップデート無料権が付かないし。

まあ英語に関してはまったく読めない事も無いので、なんとかなるかなぁという感じ。 それよりか購入するときにつまづきそうな気がするという。まあなんとかするだろうけど。

さっきからまあまあと続いてるのでアレですが、まあ今のうちにFL Stduioになれて購入するときにそなえますか。