カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

それなりのPerl使いになるための参考書

概要: Perlをマスターするための参考書


最近{xxx}-users.jpが竹の子のように生えてますが、 それに便乗してPerl使いになるための参考書を紹介してみる。

で、ぶっちゃけた話、

asin-4873111269-detail

asin-4873113059-detail

asin-4894713004-detail

の三つをこなせば、Perlを大体書けるようになると思います。 といかまあ、自分はこの三冊を使ってPerlを一通りマスターしたわけですが。

で、この後のレベルアップに、

asin-4873113008-detail

asin-487311280X-detail

asin-4873112028-detail

asin-4873112036-detail

asin-4798109401-detail

asin-4873113148-detail

が参考になるんじゃないかなーと。ちなみにPerlクックブックは持ってませんが。

まあ僕の場合はPlaggerの野良プラグインを書いた結果レベルアップしたので、 実際にモジュールなりフレームワークのプラグインを書くなりするのも手かもしれません。 あ、けどよっぽどのことがない限りCatalystのプラグインは書かない方がよさげ。disられます。

まあPerlの基本を押さえるんだったら上記の三冊、その後のレベルアップは下記の六冊か、 実際にPerlを読み書きするのが良いと思います。

あと正規表現マスターしたかったら記法(軽量マークアップ言語)パーサ作ってみるのがいいよ! 大まかな正規表現の使い方がばっちりになります。あとHTMLべた書きしないことのすばらしさがわかるようになります。

ざっとですが、Perl本は大体この辺り押さえておけばいいんじゃないかなーと思います。 あとは実際にコード書く。これ鉄則。

まあPerlをマスターする上で何かの参考になれば幸いです。