カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

著作物の私的複製の撤廃を求める?

私的録音録画小委員会、CD売上減と私的複製の関係めぐり議論は平行線

権利者や消費者、メーカーの利害が調整されない場合には、私的複製を認める著作権法30条1項の廃止を求めるとした。

私的複製を禁止したらインターネットそのものが使えなくなるの分かってるんだろうか?

現状のインターネットはサーバにあるデータを各クライアントのPCのHDDやメモリ上に複製してそれを表示している。サーバにデータ置いてる時点で複製を認めてるっていう見方もあるけど、サーバからとってきたデータは、著作権法的には著作物の複製になるはず。

つまりサーバからデータを取ってこれるのは、データを複製することが、著作物の私的複製になるからであって、それが禁止されたら、ネットそのものが使えなくなる。

それだけに限らず、他者の著作物に関しては、バックアップをとることすら困難になってしまう。はっきり言ってコピーすらできなくなるので、その損失は計り知れない。

と思ったんだけど、引用した部分の前の方で、

仮に私的複製を禁止した場合、補償金制度がなくなることは自明だが、それによって権利者だけでなく、消費者、メーカー、そして社会や文化全体が、この制度からの恩恵を失う不利益の方が大きいとした。

とか書いてあった。

ああ、なんだ分かってるんだーと思ったけど、……制度からの恩恵がなくなるから、不利益が多い?

かなり勝手な意見じゃないかコレ。あらゆる著作物の私的複製が禁じられたら、そりゃ著作物を売ってるところは儲かるかも知れないが、iPodとかの携帯音楽プレイヤーなんかは膨大な損失を被ることになる。

はっきり言って著作物で金儲けすることしか考えてない、著作物の利用者のことなんて、単なる金蔓としか思ってないんじゃないか。

著作物を購入するのは目的がなんであろうと、その著作物を利用するためであって、そのために購入したものの使用が大幅に制限されれば、そんなもん誰も買わなくなる。そんなことが分からない人間が議論やってても、まともな意見が出るわけないだろ。

まあ、こういう発言してるのは「椎名」って人っぽいけど、他の議員は突っ込まないんだろうか。突っ込まないんだろうな。だから議論が平行線になるんじゃないか。