カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

Text::HatenaがParse::RecDescentを使うようになった

概要: Text::Hatenaのパーサ部分にParse::RecDescentが使われるようになった。


Charsbar::Note経由で知ったんだけれども、 Text::HatenaがParse::RecDescentを使うようになったみたい。で、コード読んでみた感想。

まず、Text::Hatena 0.20 released読んでみると、 記法の拡張/出力のカスタマイズはText::Hatenaを継承してごにょごにょすると言う感じらしい。 (誤読があるかもしれないのでその辺注意)

で、思ったんだけど、パーサの部分とHTMLの生成は完全に分離した方がいいんじゃないだろうか。 正直Perlプログラミングの経験が浅いので、メリット/デメリットよくわかってない部分があるかもなんだけど、 パーサを独立させた方が、はてな記法をHTML以外のフォーマットに変換しやすくなると思う。

……とここまで書いて気づいたけど、たしかはてな記法ってHTMLと混合してたはず。 と言うことは、はてな記法をHTML以外に変換しようとするとHTMLで書かれた部分をなんとかする必要があるのか。

正直はてな記法にしろMarkdownにしろ、HTMLが混合できるタイプの記法って 将来XHTML2.0が勧告/一般化された時にかなり移行しづらいと思うんだけど、 その辺どうなんだろう?

もっとも移行しづらい問題は記法がしょぼいと起こりうるし、 あと自作記法なんかは不満があると作り直したくなるので、 Blogのエントリを記法オンリーで書くのもなかなか難しい。

と言いつつも、このBlogは最初から記法で書いてるけど。