カラクリスタ

『輝かしい青春』なんて失かったヒトのブログ

CentOSのシステムがぶっ壊れた。

CentOSのシステムがぶっ壊れた。


colinux0.6.4+CentOS4.4でVNCによるGUI環境を作ろうとしていたんだけど、 どうも変なとこをいじってしまったらしく、システム完全にぶっ壊れた。

修復方法がまったく分からないので、いったんイメージやその他ファイルを削除。 で、その後どうしようという話。

ルート1: GUIをあきらめる

元々、CGIなんかのテストに使うつもり(Win32なApacheを使いたくない)だったので、 GUIをすっぱりとあきらめ、telnetやFTPでつなげられるようにして、 プライベートサーバっぽく使う。というのが選択肢の一つ。

この場合、専用サーバやVPS(=Virtual Private Server)借りてごにょごにょするのと似たような環境を作れる。 というか、ほとんどそのまんま。むしろシステムがぶっ壊れても、手軽に作り直せるし、 イメージをバックアップしておけば何度でもやり直せることから利点もある。

ルート2: debianにする

colinuxにはデフォルトでdebianのイメージがついているので、 colinux+debianな環境に関する情報は多い。 事実colinux vncなんかで検索しても、debianな環境で説明しているものがほとんどだし、 そもそもインストールの説明からしてdebian前提がほとんど。

なのでこっちの方が確実に情報は多い。

さあ、どっち。

さあどうしよう。GUI使えないと色々面倒だったりする。というかどこに何があるのかさっぱりなため、 設定をいじるのにがかなり面倒。かといってGUI使えるまでがかなりややこしいので、こっちもはまる。

う~ん、どうしよう。